トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月曜日)

ハルトラノオ

Photo_40

虎の尾と名前のついてる花は

オカトラノオ、ヤマトラノオ、イブキトラノオ、ヌマトラノオ

ヤナギトラノオ、ヒメトラノオ、ルリトラノオ等等

それぞれ優雅に花の穂を長く垂らしてますが

ハルトラノオは花の穂が短くて

虎の尾になってないじゃないか~

地面を這うように育ってるのでしゃがんで

目を近づけてよーく見るとキレイな花です

小さくてもよくよく見ると美しい花は得した気分になれます

花の穂は1~3cm、ひとつの花の大きさは3mm程

山の中の湿り気のある木陰に咲いてました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフノク

Photo_38

かすみぞら大きな膜に包まれる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日曜日)

長崎の坂道「龍馬通り上り」

Photo_37

この道は亀山社中を経て風頭公園へと続く坂道です

海援隊の面々がこの坂を駆け上ったのでしょうか

縦に並ばないと通れない狭くて急な坂道です

走っては上れない 歩いてもハアハアします

風頭公園には海の向こうを見てる坂本龍馬さんがいます

龍馬さんに会いに行くのも易しくないです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイザンスミレ

Photo_36

スミレの花の後頭部につんと

飛び出た細長い突起物を

(写真左の横向き咲きかけスミレの薄緑部分)

「距」といいますがなんと読むのか悩みます

「きょ」と読みます

なんだ素直に読めばいいのか

<叡山菫>   スミレ科

Photo_2

スミレは何スミレか区別するのが難儀ですが

エイザンスミレは判りやすいです

葉が裂けているスミレは3種類

ヒゴスミレ、ナンザンスミレ、エイザンスミレです

ナンザンスミレは対馬のみに自生

ヒゴスミレの葉はもっと細く裂けてます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エフノク

Photo_31

宵闇に船きしむ音ラッパの音

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土曜日)

エフノク

Photo_39

コップからコップに移す息みどり

| | コメント (1) | トラックバック (0)

長崎の坂道 「龍馬通り」

Photo_35 

長崎市内を観光するときに足となり基準にするのは

チンチン電車(路面電車)です

電車はどこまで乗っても100円

一日乗車券は500円、なんとこころ強い!

それと中島川もいい基準になります

この川にはたくさんの石橋が架かってます

川沿いには出島もあります

中島川に架かる大井手橋を渡り寺町へ向かい

深崇寺と禅林寺の間の道が『龍馬通り』

風頭公園まで続いてます

狭くて細くて急な坂です 車は入れません

写真は龍馬通りに入ったばかり 振り向いて一枚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金曜日)

長崎の坂道 「東小島辺り」

Photo_27

ちょっと歩いてみると実感できますが

長崎は狭くて細い坂の街です

なだらかではなくてどんどん登っていくという感じです

でもそんなに高いところはないから大丈夫

この写真は東小島町の狭い路地

ねこ車が二台仲良く並べてありました

正覚寺から車がようやく離合できるくらいの

道を登ってきました

ちょっと息切れして汗ばんできました

近くには『高島秋帆旧宅跡』があります

ピントコ坂を目指してまだまだ歩きます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エフノク

Photo_24

うなだれて翠雨にぬれる憂い顔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木曜日)

カナヘビ

Photo_34

カナヘビはヘビの仲間ではなくトカゲの仲間です

しかしとぐろを巻いてます

長い尾に顎?と手?を乗っけて寛いでるところに

カメラが近づいてきて、ん、んー、んんーん

と緊張を走らせてるのでしょうか

隙あり

数センチまで近づいてますが動きませんでした

朝だったので体を温め中で

すばやく動けなかったのかな~

まさか蛇に睨まれた蛙状態?!

この場合カナヘビが蛙ということです

よく葉っぱの上で日向ぼっこをしてますが

こんなにのんびりはしてません

静かに後ずさりしていったら

瞬く間に茂みの中に姿を消しました

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフノク

Photo_33

みどり野にトランペットの音震う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水曜日)

エフノク

Photo_30

空中に雲を紡いで架空の手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火曜日)

ヤマフジ

Photo_29

フジの花は近くで見ると非常に官能的で

誘惑されてしまいそうです

<山藤>    マメ科

蔓植物で高い木に巻きついて伸びていきます

蔓を辿ってみると逞しくて太くて腕くらいもありそうな蔓が

違う木にぐるぐると巻きついてます

Photo_6

つるの巻きが右巻きか左巻きか

どっちか、、、よくわからない どっちだ?

先端が左から手前そして右上方へ回りながら伸びてます

花の房が短くてこれはヤマフジです

花は淡紫色の蝶形で2~2、5cm

10~20cmほどの総状花穂を垂らします

花期は4~5月

葉は奇数羽状複葉で小葉は9~13枚

果実は豆果でとてもかたいです

近畿地方以西の本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフノク

P1020373

風の手がかき混ぜている麦の波

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月曜日)

ツクバネソウ

Photo_22

図鑑の中でだけ見たことがあった植物を

野や山で目にしたときは嬉しくなってしまいます

<衝羽根草>   ユリ科

草丈10~40cm

緑色の花と、茎を取り囲んだ四枚の葉が

おもしろい形をしています

衝羽根という名前も洒落ていて覚えやすいですね

Photo_8

葉は4枚輪生します

緑色の外花被片が4枚、

この花はすっかり反り返っていました

内花被片はなし

花期は4~6月

秋には黒い実のまわりを赤い色が彩って目立ちます

Photo_9

低山から山地に生え

北海、本州、四国、九州に自生します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エフノク

Photo_28 

大空のひかりを集めて菜種花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日曜日)

エフノク

Photo_25 

ここからはどこにも行けず春雷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土曜日)

アケビの雌花

Photo_23 

植物にもオスとメスの役割があることを忘れてしまいます

手前の花が雌花、後方にあるのが雄花

やはり雄花は数が多いです

この花からはアケビのさつま芋のような実は想像できません

木なのか草なのかわからなくなりますが

樹木の図鑑に載ってました 

アケビの雄花を見たい方はこちらへどうぞ

platero飛弧爺 http://hikozii.air-nifty.com/

《自然教育園の春は・・・》6

着物の柄のように和風でキレイです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エフノク

Photo_21

はなひらくからかうようにゆっくりと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金曜日)

エフノク

Photo_15

朧月なんでもないのに涙出る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木曜日)

シロバナネコノメソウ

Photo_20

水の湧いてる林の中一面に咲いてました

小さい花でも群れてるとなんだこれは?

と近づいて確認したくなります

5mmほどです、花

白い花から覗いてる赤い色がキュート

多良の山の中で見つけました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフノク

Photo_19

ふうわりと里を抱いてる八重桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水曜日)

ヒメハギ

H_1

この花を初めて見つけたとき、小学生の頃でしたが

家にあった植物図鑑に載ってなくて新種発見かと

ドキドキしました

<姫萩>   ヒメハギ科

草丈10~25cm

Photo_2

花の形が変わってて目に付いたんでしょうか

蝶のように優雅でちいさい花です

花は淡赤紫色

葉は互生し2~3cm

花期は4~7月

這いつくばって撮ったので友人が笑ってました

北海道、本州、四国、九州に自生します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エフノク

Photo_18

地に落ちるすべての雨が鎮魂歌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火曜日)

エフノク

Roro

目の裏でこころが騒ぐ夜の雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月曜日)

エフノク

Photo_12

草うねる胸の奥底深いとこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日曜日)

エフノク

Photo_11

傷ついた右手左手土匂う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土曜日)

エフノク

Photo_9

沈黙を埋めたいような春の雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金曜日)

エフノク

Photo_4

宵空に一番星と二番星

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木曜日)

エフノク

Photo_6

カーブする線路濡らして青嵐

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水曜日)

エフノク

Photo_111    

暗闇にゆらり牡丹が潜んでる

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火曜日)

エフノク

Photo_2

日が暮れてひかりを渡すまちあかり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月曜日)

エフノク

Photo_1

舞いあがり舞いおりて鳥密に飛ぶ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日曜日)

エフノク

Photo

不機嫌な朝とりあえずあけていく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土曜日)

エフノク

Photo_8

花冷えの身体ほどけるさくらいろ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金曜日)

エフノク

Photo_7

どこからか吹いてきた風ゆるく春

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年5月 »