« エフノク | トップページ | エフノク »

2007年6月10日 (日曜日)

お山雲仙 「あざみ谷」

Photo_157

雲仙仁田峠からあざみ谷までゆっくり歩いて

30分くらいです

仁田峠からはロープウェイで妙見岳(1333m)

にも行けるし(もちろん歩いても登れる)そこから

稜線を歩いて国見岳(1347m)も行けます

あざみ谷から普賢岳(1359m)にも

登ることができます

しかしまだ平成新山(1483m)には登れません

今日は頂上を極めるのではなく山の匂いを嗅いだり

花を触ったり鳥の声を聞いたり景色を眺めたりと

五感をフル稼働して歩きます

普賢神社が登山道入り口側にあるので

まずはお参りします 

神社のお参りの時は基本5円で1個のお願いと

決めてるのですが10円しかなかったので

友人の分も20円入れました

たぶん友人も普賢神社の神様もケチと思ったでしょう

さて、では歩きます

樹が生い茂っているので陰になってる

登山道を谷へ下っていきます

途中咲いてた花はシロドウダン、ミヤマキリシマ、

ツリバナ、キリシマナンテンショウ、コケイランカマッカ

マムシグサ、ナルコユリ、フタリシズカコゴメウツギ

ツルアジサイコツクバネウツギ、、コガクウツギ

ニシキウツギミヤマウグイスカグラの赤い実もありました

Photo_159 

写真はフタリシズカ

あざみ谷は谷底なのでちょっと休めるように

木のベンチがあります

3時頃でしたが鳥たちはとても賑やかでした

違う種類の鳥が同じ水場で水浴びしたり

水を飲んだりしてるので友人とひそひそ声で

興奮を伝えあって少ない知識から何の鳥か

推測しあいました

友人が双眼鏡を持ってきてくれたので

代わる代わる観察もできました

*ソウシチョウは騒々しくて数羽でやってきて

 羽ばたきの音もよく聞こえました

 嘴と羽の一部が赤くて派手な感じです

 もともと中国やベトナムにいる

 鳥籠から逃げ出した鳥です

*ウグイスが一番数が多いねと話してましたが

 似ている鳥と区別がつかなかったのかも

*シジュウカラとヤマガラはサイドから

 枝を揺らしながら接近してきました

*エナガは群れでかわいく囀りながら

 やってきました

*キビタキは喉もとのオレンジが鮮やかで

 黄色と黒がダンディ

*クロツグミは地面をぴょんぴょん跳ねながら

 来ました おおきい~と大喜び♪ 

 嘴と足が黄色で黒い体に映えました

*一番感激したのはしあわせの青い鳥が

 見れたこと オオルリです

 枝の揺れが大きくて何々何の鳥と

 ふたりで大興奮!

 美しい鳴き声が聞き取れなかったのが

 心残りですが美しい青色に満足です

鳥たちはまったく落ち着きがありません

でもその仕草がかわいくて口元はにっこりです

鳥を撮影できるカメラを持っていないので

写真は紹介できません 想像してくださいネ

帰りは登りの30分ですがのんびり歩きました

雲仙の山の神様は心が広いので元気に

戻ってくることができました

車で帰る時に国見岳を振り返ってみたら

山頂にミヤマキリシマの濃いピンクが見えました

一日、天気がよくて気持ちのいいシアワセな時間を

過ごすことができました

なにより山での時間をいっしょに楽しんでくれた

さちえさんありがと♪

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

お山雲仙」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/6736920

この記事へのトラックバック一覧です: お山雲仙 「あざみ谷」:

« エフノク | トップページ | エフノク »