« エフノク | トップページ | エフノク »

2007年7月27日 (金曜日)

リスアカネ

Photo_261

にやりと不敵な笑いを浮かべてるリスアカネ

<リス茜> トンボ科

縄張り意識が強いトンボでこの場所で

見張ってたのか、かなり接近しても

じっとしていました

威嚇してるつもりかな~

Photo_263

翅の先端に黒褐色の斑紋があるアカトンボです

正面から見ると間抜けですね~

平地の池の側にいました

周囲に木立のある環境を好みます

Photo_264

翅の先端が黒いアカトンボはリスアカネ、ノシメトンボ、

コノシメトンボの3種類です

(マユタテアカネのメスにも翅の先が黒いのがいます)

胸まで赤くならない、

胸の黒い模様が「つ」のように上部でくっつかない

のがリスアカネです

リスアカネのリスはトンボ学者の名前です

Photo_5

ご機嫌そうなリスアカネのメス

秋の日差しを浴びてました

本州、四国、九州に生息します

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
トンボの写真を撮ると、必ずこっちを見てるように思えるのですが…
リスアカネ君も見てますよね!

これは、複眼のせいでしょうか?
それとも本当にみているのかな…??


☆TOOLKITさん
おはようございます♪
複眼ってどんなふうに見えてるんでしょうね
飛んでる小さな虫は見えるが
人間はガリバーすぎて見えない?
人間も見ていながら他も見ている?!

翅の途中に班のあるトンボ、ミヤマアカネかも
確認お願いしますネ
いつも興味深いコメントありがとうございます

投稿: TOOLKIT | 2007年7月27日 (金曜日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リスアカネ:

« エフノク | トップページ | エフノク »