« エフノク | トップページ | エフノク »

2007年8月12日 (日曜日)

ミヤマカワトンボ

Photo

強い日差しの中、川の辺を飛び回っていて

雄の金属光沢の体が緑にも青にも見えました

<深山川蜻蛉> カワトンボ科

山地の渓流で見かけました

雄も雌も褐色の翅の下翅にぼんやり

黒色帯があります

Photo_2

雌は白い班が翅縁にあります

体も褐色がかってます

左前脚が浮いてますが見えるでしょうか

石の上が暑かった?

Photo_3

このミヤマカワトンボの雄は青く見えます

そして背筋を鍛えてるんでしょうか

カワトンボの仲間では一番大きいトンボです

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミヤマカワトンボ:

« エフノク | トップページ | エフノク »