« ホソミイトトンボ | トップページ | シオカラトンボ »

2007年9月12日 (水曜日)

エフノク

Photo_5

全開の窓のむこうの爽やかさ

|

« ホソミイトトンボ | トップページ | シオカラトンボ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

まるで古い駅舎のような佇まいと
明るいブルーの海。そのコントラストが
たまりませ~ん♪ ここはどこでしょう。

☆ホセさん
おはようございます♪
はーーい正解です~
長崎本線の大村線の千綿駅です
海の際の駅なんです
1時間に1回か2回列車が停まります
ですが無人駅ではなく若い女性が受付にいました
いい感じにひなびてます

投稿: ホセ | 2007年9月12日 (水曜日) 23時17分

おっ! ここは駅舎もかわいいし、海がすぐ下まできてて雰囲気が良いですよね、
でも写真とるときはアングルと露出に悩む~^^;
青が気持ちよいですね、角度をつけず正面から撮るのもありですが、もしかして椅子の上からでしょうか。

☆コーヒーミルさん
こんばんは♪
身長2mと言いたかった。。
待合室には誰もいませんでしたから
靴を脱いで椅子にあがりました
ラッキー♪
誰かいたらそんなことできません
小心者なのです


投稿: コオーヒーミル | 2007年9月13日 (木曜日) 12時56分

人の気配がなく廃屋のような感じで駅舎とは気づきませんでした。駅ならちょっと途中下車してみたい気もします。

人生の 乗り換え駅か 途中下車


☆kazutyanさん
こんばんは♪
待合室の中は誰もいませんでした
この駅にいると時間の感覚が
無くなりそうです
そしてあんまり空が青いので
時空が歪みそうです

   空青く途中下車過去を降りる

投稿: kazutyan | 2007年9月13日 (木曜日) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« ホソミイトトンボ | トップページ | シオカラトンボ »