« エフノク | トップページ | エフノク »

2007年11月18日 (日曜日)

ノシメトンボ

Photo

赤トンボの中で一番大きなトンボです

<熨斗目蜻蛉>  トンボ科

低山地の池にいました

水際に草の茂る水深の浅い開放的な

池や沼や水田でよく見られます

Photo_2

写真は2枚ともオスです

体は赤というより暗赤色で翅の先端は黒褐色です

メスも同じくらいの大きさです

Photo_3

水の少なくなった池に下りていくと背の低い

草がたくさん生えていてそこに連結したノシメトンボが

たくさん飛んでました

ラブがいっぱいだ♪

もう冬がやってくるのを感じての行動でしょうか

卵で越冬します

北海道、本州、四国、九州に生息します

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

コメント

城山界隈ではトンボの姿がめっきり少なくなってきました。
今日は木枯らしが吹きました。
また、来年…。かな。

☆TOOLKITさん
おはようございます♪
遂に冬将軍の到来ですね
長崎も今朝は霜が降りてました
北の方では大雪の恐れとか
どうりで冷えると思った
さみしい冬にならないように対策を練らなきゃ
でもでも思いつかない ハァーー

投稿: TOOLKIT | 2007年11月18日 (日曜日) 20時11分

こんにちわ~

今朝は京都(ウチの近所)でも初霜でしたよ~

イシメトンボと聞いて「ウ~ンなるほど、丁度石のところに居るやん?」
石目?「アホかいな~」と言われそう。

翅の先の色、何かの暗号で爪の先を黒く塗ったような・・・
「アホかいな」と言われそう・・・・

ムシちゃん、季節をちゃんと感じてるのね。

☆わんちゃんさん
んーーイシメじゃなくノシメトンボです~
エフもシノメトンボだったかなと思い込んでました
ははは♪カタカナは間違いやすいですね
こんがらがるのでもう一度『ノシメトンボ』です
熨斗目とは着物の縞や格子の柄のことのようです

翅の先端が黒くなるトンボは4種類います
リスアカネ、コノシメトンボ、ノシメトンボと
マユタテアカネのメスが黒かったり黒くなかったりです
このメンバーで暗号使ってるかも?!

投稿: わんちゃん | 2007年11月19日 (月曜日) 13時36分

あはははははは!!!


☆わんちゃんさん
ナハ~~♪

投稿: わんちゃん | 2007年11月20日 (火曜日) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノシメトンボ:

« エフノク | トップページ | エフノク »