« コショウノキ | トップページ | ウバユリ »

2008年1月30日 (水曜日)

エフノク

2

薄暮にはかなしみ浮かぶ橋の下

|

« コショウノキ | トップページ | ウバユリ »

長崎の教会」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。カラフルな橋ですね。こういう茶目っ気のある建築物って好きですねぇ。


☆しぽさん
おはようございます♪
赤い橋緑の橋。。渡るときは知りませんでした
もう何回も渡ったことあるのにちょっと離れてみないと
気づかないことってよくありますね
茶目っ気のある写真と句が絶妙にズレてますが
ちょっとした愉快な場所も物も好きです
愉快な句も作れるといいんですけどネ

投稿: しぽ | 2008年1月30日 (水曜日) 21時06分

これは一本の橋なのですか?面白いですね。
川を行き交う船に右側通行だよ…と告げている?
それとも単なるデザイン?
不思議ですね…。


☆TOOLKITさん
こんばんは♪
何で赤い橋と緑の橋になってるのか
まったく考えてもいませんでしたが
多分そうだろうという答えが浮かびました
緑の橋は諫早市、赤い橋は大村市
川が市境なのです。。
おーーよくぞ思いついた!
この橋の上流に船着場があるので
右側通行の目印も兼ねてるカモ

投稿: TOOLKIT | 2008年1月31日 (木曜日) 09時08分

へぇ 可愛い橋ですね 一直線?
形は違うけど マディソン郡の橋を思い出します
この橋の上で 恋人たちが語らったりするのかな?

☆ブログ再開しました☆


☆たびたまさん
こんばんは♪
橋の真ん中で逢いましょうラブ!
いいですね~
渡ってる時は一本の橋だと思ってました
マディソン郡の橋ロマンチックなお話でしたね
小説で読むと更にじーーんときました

ブログ再開待ってました~♪

投稿: たびたま | 2008年1月31日 (木曜日) 10時08分

赤い橋は喜びの橋、緑の橋は悲しみの橋、緑の方から渡れば悲しみを喜びに変えることは出来ないでしょうか、そう出来たら一方通行の橋になりそうですね。

橋渡り 悲しみ捨てて 前向きに

☆kazutyanさん
こんばんは♪
そんな深い読みがあったとは。。
これからは諫早市側から渡りましょう
夕方はなぜか物悲しくなってしまいます
太陽が沈むと元気も萎むようです

    赤い橋渡りきったら逢魔が刻

投稿: kazutyan | 2008年1月31日 (木曜日) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« コショウノキ | トップページ | ウバユリ »