« エフノク | トップページ | エフノク »

2008年4月26日 (土曜日)

アサヒナカワトンボ(ニシカワトンボ)

Photo_3

緑の金属光沢が美しいアサヒナカワトンボ(ニシカワトンボ)

< 朝比奈川蜻蛉>    カワトンボ科

中部地方から九州に生息してます

木陰のある渓流近くで見かけました

雄のアサヒナカワトンボは翅の色が橙色と無色透明がいます

カワトンボ科のニホンカワトンボ(オオカワトンボ)と

アサヒナカワトンボと(ヒガシカワトンボ)は翅の色や形、

体の形等の変化が多く区別が難しいそうです

ニホンカワトンボは中部地方より北にいるので

九州にはニホンカワトンボとアサヒナカワトンボがいます

違いはアサヒナカワトンボが翅の先端が丸く縁紋は短く

胸の長さは頭の幅(目玉から目玉)とほぼ同じ

Photo_4

茶色の金属光沢のアサヒナカワトンボの雌だと思います 

近くにいました 

雌の翅は無色翅型だけです ということはニホンカワトンボ雌かな?

神奈川のはるきょんさんのブログでニホンカワトンボ(オオカワトンボ

雌が見れます メタリックグリーンが美しいです

先日街中の銀行の駐車場でアサヒナカワトンボかニホンカワトンボの

雄を見ました 

側に小さな小川が流れてますがこんなところで??

慌ててカメラを取りに車に向かったら小川の方に

飛んでいってしまいました もっと観察すればよかった。。

    *はるきょんさんからオオカワトンボとヒガシカワトンボは

      ニホンカワトンボにニシカワトンボはアサヒナカワトンボに

      和名変更がされてることを教えていただきました

      ということは九州にはニホンカワトンボと

      アサヒナカワトンボがいるということですが

      区別は難しいようです

      神奈川と長崎のカワトンボの雌をしっかり

      観察してもらってます

      ルッキング~では見分けるのが厳しい!

      ですが素晴らしい眼力です

      ☆このトンボはニホンカワトンボだとコメントで

       教えてもらいました

       アサヒナカワトンボも長崎にはいるのでその写真が

       撮れたら並べて比べてみましょう

       見分け方がよくわからないのでそれが大問題ですネ

Photo_6

水の流れの側で縄張りを守っていたオスがメスの姿を

見つけると素早く交尾の体勢に。

何がどうなったのか不意をつかれて見逃しました

Photo_7

交尾の後メスは苔に産卵してるようです

苔を探りながら少しずつ移動して産みつけてます

オスは近くで監視してました

      

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

コメント

綺麗なトンボですねぇ
羽の色がなんともいえない美しさ
蝶もそうですが、トンボも沢山目にしているのですが
なかなか写真に撮れなくて・・・
こんなに間近にトンボをみたことがありません
透けた羽の模様まで、クッキリ
やはり環境が良くないと、こんな可愛いトンボは見られないのでしょうね

☆ふくさん
おはようございます♪
トンボの季節がやってきました
トンボを撮ってパソコンでズームしてみると
顔の表情が可愛いんです
昆虫に表情があるのかよくわかりませんが
とぼけた顔をしていておもしろいです
トンボは虫を食べるので口がよく動くからでしょうか
なんともすごい時代だなと感心してしまいます
トンボは環境で棲み分けてるのでいろんなところに
棲んでいます 

投稿: ふく | 2008年4月26日 (土曜日) 22時27分

カワトンボをみつけると初夏だな~と思いますね。
飛び方も普通のトンボみたいに機敏ではなく、ヒラヒラと舞う感じでのんびりした感じですね。比較的に川の上流で多く見るので、きっとキレイな水と涼しい環境が好きなのかな^^)

☆コーヒーミルさん
こんにちは♪
カワトンボとイトトンボはすばやく逃げないので好きです
これまでほとんどいることに気づきませんでしたが
身近に棲んでることに驚きです
なんで気づかなかったのでしょう
興味があるのとないのでは見えるものが違うんですね
トンボの季節が来てそわそわと落ち着かない日々です

投稿: コーヒーミル | 2008年4月27日 (日曜日) 11時00分

こんばんははるきょんです。リンクありがとうございます。二度にわたる和名変更のせいで混乱しているオオカワトンボですが、結局はニホンカワトンボ(旧オオカワトンボ、ヒガシカワトンボ)とアサヒナカワトンボ(旧ニシカワトンボ)の二種に整理されたわけですね。アサヒナは本州にもいるわけですが関東地方というだけでアサヒナ(ニシ)ではないのでオオカワトンボと紹介しています。ニホンカワトンボとすべきだったかなと思いますが。ニホンとアサヒナの識別はなかなか容易ではないようで九州は大変ですね(笑)。いろいろ調べましたがここが一番解り易いと思いました。でも自分には無理のようです。ここです。http://seitaien.exblog.jp/5946038/


☆はるきょんさん
おはようございます♪
最新情報ありがとうございます
ニシカワトンボがアサヒナカワトンボに改名とは
知りませんでした
調べ方が足りなかったようです
トンボの世界もDNA鑑定の時代なのですね
すごい時代です 目がぱちくり
それだけ区別がつかないということ・・・
たくさんのニホンカワトンボとアサヒナカワトンボを
見比べないと断定することは難しそうです
写真もしっかり撮らないといけませんネ
詳しく教えていただいて感謝です♪

投稿: はるきょん | 2008年4月27日 (日曜日) 23時06分

たまたまHPにたどり着いた者ですが、写真は両方ともニホンカワトンボ(オオカワトンボ)のようですよ。でも、素晴らしい写真ですね。

☆・・・・さん
ありがとうございます♪
どこがどう違うのか教えてもらえたらもっとよかった。。
カワトンボが夢のように仰山!飛んでる場所を
見つけたのですがこれがまたどっちなのか・・・
山の中腹の渓流なのですがカワトンボと呼べば
間違いなし。。なんか寂しいですね

投稿: | 2008年5月23日 (金曜日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アサヒナカワトンボ(ニシカワトンボ):

« エフノク | トップページ | エフノク »