« フナバラソウ | トップページ | モノサシトンボ »

2008年6月 2日 (月曜日)

エフノク

2

この道のどこか遠くに二本の樹

|

« フナバラソウ | トップページ | モノサシトンボ »

長崎の風景」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。この~木何の木気になる木~って聞こえてきそうな立派な木ですねぇ。幹の太さはどの位だったんですか?


☆しぽさん
おはようございます♪
この木は椋木(むくのき)か榎(えのき)
いつも区別できません
でも今回調べてたら違いがわかってきました
葉の形がすこし違うのです
次回ははっきりどっちか断言できるかも♪
幹の太さ・・・川のほうに(後は川なのです)斜めに
伸びてたので確認してません 
これも次回への宿題にしましょう

投稿: しぽ | 2008年6月 2日 (月曜日) 21時51分

H社も、わざわざ外国に行かなくても、こんなに立派な木があるのにねぇ~
暑い日も、この木の下に来ると、ゆっくりお昼寝できそうですね
丁度大きい幹にハンモックがかけられそう

☆ふくさん
おはようございます♪
あははH社さんどうぞ取材に来てください
インターネットで調べてみると
この木なんの木はこれまでに4本の木が登場しています
場所はハワイ、ハワイ、シンガポール、カリフォルニア
木はモンキーポッド、マンゴー、バニヤンツリー、
カリフォルニアオークです
ハワイのモンキーポッドが最多登場で横広がりの
綺麗な樹形をしています
この木が日本人のこの木なんの木のイメージの木でしょうか

後は川ですぐに海なのでお昼寝には気持ちいい風が
吹いてくるでしょう 


投稿: ふく | 2008年6月 2日 (月曜日) 21時59分

巨木に見えて実は二本の木なんですね。
寄りそう老夫婦のようで、素敵ですね。
どんな風がこの木をゆらしているのでしょう…。

☆TOOLKITさん
おはようございます♪
河口近くに支えあうように立ってる二本の樹
後は川ですがすぐに海です
人が登ったり遊んだりしたのか幹はつるつる
登ろうと思ったらエフでも登れるかも
海風が子守唄で怒鳴り声で愛のささやきかな

投稿: TOOLKIT | 2008年6月 2日 (月曜日) 23時32分

絵になる木ですね、後ろが川なら木陰は涼しく昼寝をしたくなるでしょうね。

夫婦木の 寄り添う陰に 癒される

☆kazutyanさん
こんばんは♪
大きな木って気持ちのいいものです
この木は二本とも同じ種類の木です
同じ時期に芽生えていっしょに育ったんでしょうか
いつまでも寄り添っていてほしいですね

    ざわめきは葉と葉が歌う河口の樹

投稿: kazutyan | 2008年6月 3日 (火曜日) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« フナバラソウ | トップページ | モノサシトンボ »