« エフノク | トップページ | エフノク »

2008年8月16日 (土曜日)

コフキヒメイトトンボ

Photo

小さいイトトンボを見つけました

あんまりにも小さくて見つけたことにびっくり

コフキヒメイトトンボです

<粉吹き姫糸蜻蛉>    イトトンボ科

体長2、2cmほど

尾の先が赤いのはオス

Photo_2

こちらはメス、オスとメスがすぐ近くにいました

フィルムケースを持ってたら閉じ込めて家に連れて帰りたい!

衝動に駆られたかも。。

動きは意外と敏捷です 小さい虫を食べるので捕まえる時は

すばやく飛ばないと獲物に逃げられますね

Photo_10

モートンイトトンボかと思いましたが目玉の斑紋が

モートンイトトンボはハートの形をしてるそうです

このコフキヒメイトトンボは丸い斑紋です

成熟すると頭部と胸部に白い粉が吹くのでコフキヒメイトトンボと

呼ばれます

Photo_7

小ささがよくわからないので離れて撮ってみました

2匹います

Photo_6

粉が吹いて白くなってしまいました

顔も白さが増してるような・・・

四国、九州、沖縄に生息します

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

コメント

ちいさい!
近くにいても見落としそう…。
おすの赤いキャップのようなアクセントが素敵ですね!
…それにしても、イトトンボ系のメタリックカラーはなんの為なんでしょうね…キレイで大好きですが…不思議です。


☆TOOLKITさん
おはようございます♪
もーあんまりにも小さくて目を離したら再度
見つけられなくなりそうでしばらく動けませんでした
オスの尾の先の赤色がランプのようで
見つける手がかりです
メタリックカラーには魅了されますね
メスへのアピール?光を反射して体温を下げるとか?
トンボの体の中にメタリック工場があるんですね

投稿: TOOLKIT | 2008年8月16日 (土曜日) 23時01分

そんなに小さいんですか\(◎o◎)/
まず気づきそうにないです。
写真もとってもシャープですね。


☆grassmonblueさん
ふふふそれが本当にちっちゃいんです
そう言えるのが嬉しいです
親指と人差し指を少し離してこれくらいと言いたい!
小さいのと興奮でピンボケばかりでした
粉が吹いてるときにもう一度会いたいです
(色がくすんで違うトンボかと思うそうです)


投稿: grassmonblue | 2008年8月17日 (日曜日) 15時05分

敏捷なトンボをよくもこれだけ、スパッとよく撮れてますこと。
そんなに小さなコフキヒメイトトンボの目玉の斑紋のチェックたるやエフさんスッゴイ!!

☆わんちゃんさん
おはようございます♪
イトトンボの仲間は飛んでもそう遠くまで逃げませんし
すばやいといっても他のトンボと比べると可愛いものです
敏捷さは獲物を捕まえる時やいざという時の為に蓄積中
それより目を小さいものを見るモードに切り替えるのに
コツがいるようです
コフキヒメイトトンボがあんまりにも可愛いので
まわりを蚊が飛び回ってるのも気になりませんでした

投稿: わんちゃん | 2008年8月20日 (水曜日) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コフキヒメイトトンボ:

« エフノク | トップページ | エフノク »