« ダンドボロギク | トップページ | コフキヒメイトトンボ »

2008年8月15日 (金曜日)

エフノク

Photo_3

灯籠のひめやかに泣く精霊船

|

« ダンドボロギク | トップページ | コフキヒメイトトンボ »

長崎の風景」カテゴリの記事

コメント

あの、本題から大きく外れてしまうので恐縮ですか…
後ろに写っているのはマツダR-360クーペでは!!
懐かしいな〜!
V型2気筒エンジン(今ならバイクのエンジン?)
大人二人子供二人の四人乗り。
かわいらしいデザインが子供心に焼き付いています。

…当然エフさんは知らないですよね…。失礼しました…。


☆TOOLKITさん
おはようございます♪
ははは!車のことはとんちんかんです
おもしろい形の車だなと思いましたがほんの
お尻部分で車種がわかるものなんですね~
ということはクラシックカー?
写ってませんが左側には軽トラが止まってました
精霊船の作業をするのにはマツダR-360クーペは
役不足だったようです
ここのお家には厳かな時間が流れてました

投稿: TOOLKIT | 2008年8月16日 (土曜日) 00時04分

なんと涼しげな精霊灯篭ですね、精霊送りが済めば暑さも峠越えでしょうか、我が家も帰省客も墓参り客も峠は越えました。

夏の客 ラッシュも過ぎて 蝉の声


☆kazutyanさん
こんばんは♪
切子灯ろうと呼ばれる島原独自の灯ろうを
飾った精霊船です
長崎の爆竹の賑やかな精霊流しとはちょっと
違った静かな精霊流しのようです
まだ見る機会がありません
昨日も今日も雨が降って少し涼しくなりました

    人の列連れ添い歩く精霊流し

投稿: kazutyan | 2008年8月16日 (土曜日) 15時13分

派手な色合いの灯篭や飾りが多い中、なんとまぁ、涼しげな色合いでしょう。
つい、足を止めて見たくなります。
ご家族の送る想いがこもっているのでしょうねぇ。

☆ねこおばさん
こんばんは♪
島原の精霊船ははじめて見ました
地方地方で少しずつ違うそうですが切子灯ろうが
寂しげで風情がありました
初盆の家が船を作って流すので気持ちの区切りの
ようなものでしょうか
こういう時間はやわらかく流れますね

投稿: ねこおばさん | 2008年8月16日 (土曜日) 18時50分

こんにちは。実は、お盆に何年もお墓参りに行ってない冷たい人間です。仕事で家族と行けないというのが一番の理由なんですがやっぱちょっと気になります。ぶら下がってる青いやつ一つほしいな。きれいだ


☆しぽさん
こんばんは♪
ぶら下ってる青いやつは切子灯ろうといいます
夜にこの船は家族の人が担いで町を練り歩き
海まで持っていって海に流します
だから精霊流しといいます
お盆も仕事で大変ですね
でも家族の人はわかってくれてますって!

投稿: しぽ | 2008年8月16日 (土曜日) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

» 【精霊船】についてサーチエンジンで検索してみると [気になるキーワードでブログ検索!]
精霊船 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし… [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土曜日) 03時41分

« ダンドボロギク | トップページ | コフキヒメイトトンボ »