« セスジイトトンボ | トップページ | ゴマノハグサ »

2008年8月20日 (水曜日)

エフノク

2_2

暮色を鳴らしてのぼる月ふわり

|

« セスジイトトンボ | トップページ | ゴマノハグサ »

長崎の風景」カテゴリの記事

コメント

黄昏色に包まれた景色
ぼんやり映る月 昼間の暑さを忘れてしまいそう
黄昏時は、物悲しい・・・なんだかそんな雰囲気がしますね
下の黄色い電車とミラー  面白いてすねぇ~
右も左も電車、この大きなミラーは誰のため? 歩いて渡れるのでしょうか


☆ふくさん
こんばんは♪
太陽が沈んだ後の余韻が残る空に昇ってきた月
じょじょに暗さに沈んでいく青い空
物悲しい時間はゆっくりと夜の闇に
呑み込まれてしまいました しんみり。。

レトロな島原駅の構内には踏切があります
列車がくるとカンカン鳴り出し遮断機が下ります
ミラーは列車の運転手が確認するのかも
駅にはよくミラーがあります 
指差し確認してるかもしれないですね
よし今度乗ったら確認だ!

投稿: ふく | 2008年8月21日 (木曜日) 14時18分

音をつけて黄昏の風景を表現するのは面白いですね、風の音、波の音、流れの音、街の音、風景に音はつき物ですものね、写真にエフノクで音をつけるのは上手い方法だとおもいます。

いっときは 静寂もどり 街暮れる

☆kazutyanさん
こんばんは♪
写真では音や匂いや肌触りが伝えられない
そこまで表現できるといいですね~
写真と句でエフノクなのでお互いに足りないものを
補ってなんとかなにかを伝えることができたら嬉しいです

    空に浮くあおざめた月暮れ残る
    

投稿: kazutyan | 2008年8月21日 (木曜日) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« セスジイトトンボ | トップページ | ゴマノハグサ »