« エフノク | トップページ | エフノク »

2008年8月30日 (土曜日)

アジアイトトンボ

Photo

アジアイトトンボとアオモンイトトンボはよく似ています

<亜細亜糸蜻蛉>    イトトンボ科

アジアイトトンボのほうがちょっと小さく華奢な感じ

体長2、5~3cm

一番違うところは細長い腹部の第9腹節が全部青色

アオモンイトトンボは第8腹節が全部青色

Photo_3

アジアイトトンボは平地から丘陵地の池や沼や水田で

普通に見られると図鑑には載ってるのですがなかなか

めぐり合えずようやくオスにだけ出会えました やったね~♪

メスはオレンジ色からくすんだ黄緑色をしてます

Photo_6


目玉の青い斑紋は丸いようです

Photo_7

この青いところが第9腹節

北海道、本州、四国、九州、沖縄に生息します

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

コメント

羨ましいほどのスレンダーさん
オスとメスとでは、色が違うんですね
今年はエフさんのところで、沢山のトンボを見せていただきましたが
こんなに沢山のトンボがいたんだって、感動です
この目でみられたら、もっと感動すると思うのですが
なかなか出会えません(*ノ-;*)


☆ふくさん
あら!そう言っていただいて嬉しいです
トンボは飛んでると区別がつかないのでみんなトンボ。
秋になると飛んでるトンボはみんな赤トンボ。
と思っていましたがたくさんいるんですね~
寒くなるといなくなるのが今から寂しいです

投稿: ふく | 2008年8月30日 (土曜日) 22時59分

素晴しく鮮やかな水色!
私も撮って見たいけれど…出会えません。
昆虫との出会いも一期一会、いつかそのうち…。

目玉までツートンカラー…どんな風景が見えるんでしょうね…。

☆TOOLKITさん
おはようございます♪
いつも自分の時間を思うように作りだせない中で
自然と触れ合ってるTOOLKITさん
限られた時間の中でいろんな種類の鳥や昆虫に出会って
楽しまれてますよね
きっと思わぬところでイトトンボたちが待ってますって♪
真ん丸目玉をばっちり激写お願いします

投稿: TOOLKIT | 2008年8月30日 (土曜日) 23時35分

チャーミングですねえ、アジアイトトンボ!
イトトンボは小さくて、ただでさえ見逃してしまうのに
種の区別まですごいです。
イトトンボ同定には最初からあきらめのgrassmonblueでした。


☆grassmonblueさん
こんばんは♪
なはーー恐れ入りまする・・・
チョウに比べるとなんのそののような。
イトトンボの一番気に入ってるところは飛んでも
目で追えることです
生意気そうな顔つきもぐー
精巧で繊細な生き物イトトンボ
小さな虫を捕まえる時はすばやいんです ぱっくっ!

投稿: grassmonblue | 2008年9月 2日 (火曜日) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジアイトトンボ:

« エフノク | トップページ | エフノク »