« エフノク | トップページ | エフノク »

2008年9月 7日 (日曜日)

コシアキトンボ

Photo

いつも近づくとすぐに飛んで逃げるコシアキトンボ

<腰空蜻蛉>   トンボ科

体長4~5cm

全体的に黒いのに腹部が白いので腰が空いてるように

見えるのでコシアキトンボといいます

Photo_4

水辺にいるのは腰が白いオスばかりでした

メスは腰が黄色をしています 

オスは縄張りを作って他のオスが近づくとすぐに追いかけます

目で追いますがすぐにわからなくなってしまいます

Photo_3

正面から見ると鼻(鼻に見えますが何でしょうか?)が白いです

コシアキトンボは平地から丘陵地の池、人工的な貯水池、

公園の池などに生息し環境の適応力が強いそうです

6月~9月頃まで見られます

Photo_7

コシアキトンボを捕まえてみました

腹側から見ることってほとんどないのでひっくりかえしてみました

トンボも戸惑ってる様子です

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

コメント

私も今年になって初めて撮影しました〜!
市内では見つからずに近隣遠征までしました。
それでもこんなにアップでは撮れませんでした。
うらやましいです〜!

☆TOOLKITさん
おはようございます♪
このトンボは水の上の枯れ木や水草にとまって
なかなか近寄らせてくれませんでした
敏感に気配を察知するんですね~
わかりやすいように拡大してます
水辺にメスが産卵に来るのを待ってるんでしょうけど
あんなに忙しなくては肝心の時にも追いかけっこ中と
いうことになりそうです

投稿: TOOLKIT | 2008年9月 7日 (日曜日) 23時10分

先日河原を歩いていると、似たトンボに出会いました
でも、動きがすばやくて、写真には撮れず
でも白い部分だけが目について・・・
コシアキトンボだったのかなぁ~
お腹の白さが、綺麗ですよねぇ~


☆ふくさん
白黒のコントラストが強烈!
似たトンボはいないのでコシアキトンボかもしれませんね
飛ぶ時はすばやいのですがじっと何かにとまっている
こともよくあります
でも警戒心が強いのか近づくとすぐに逃げられます
トンボは動くものに敏感・・
あの眼の大きさは伊達眼鏡じゃないようです

投稿: ふく | 2008年9月 8日 (月曜日) 12時18分

こんにちは。めずらしいトンボもいるもんですねぇ。たしかに腰が空いてるように見えます。鼻のような白い部分・・・オイには出っ歯に見えます(笑)


☆しぽさん
こんばんは♪
本州東北部から九州までいると図鑑には
載ってますが秋田には棲んでないんでしょうか
長崎ではよく見かけます
鼻じゃなくて出っ歯!ははは~
もっと近くでピントぴったりに写真が撮れると
いいんですが落ち着かないトンボなんです
1回覚えると記憶に残るトンボです
見つけたら教えてくださいね

投稿: しぽ | 2008年9月 8日 (月曜日) 19時24分

エフノクさんこんにちは、wikipediaと間違えてこのトップ写真を投稿してしまいました。
上の方々のように自分では撮影できませんでした、
大変失礼ではありますが、私の記事に紹介させていただきました。
事後承諾でお願いします、ひらにご容赦を。

☆瀬名川さん
はじめましてようこそです
コシアキトンボの写真あんまりうまく
撮れませんでしたがどーぞ。
素早く飛ぶし止まる時は遠くの枝
トンボに近づくのは難しいですね
トンボやチョウ甲虫や植物などの自然観察も
日々更新してますのでまた覗いてみてください

投稿: 瀬名川 | 2011年6月15日 (水曜日) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コシアキトンボ:

« エフノク | トップページ | エフノク »