« エフノク | トップページ | エフノク »

2008年10月28日 (火曜日)

センボンヤリ(閉鎖花)

Photo

センボンヤリは春の花と秋の花があります

春は花の内側は白く外側は紫色

秋の花は総苞に包まれた閉鎖花です

<千本槍>     キク科

この写真では右側の背の低い蕾のようなのでしょうか

30~60cmの茎の先にすべて筒状花の閉鎖花を1個つけます

閉鎖花を槍に見立てて名前がつきました

Photo_2

タンポポの綿毛のように広がったそう果

淡褐色の冠毛は長さ1cm

風が吹くとすぐにでも飛んでいきそうです

Photo_3

ロゼット状の葉も春と秋では違います

春の葉は卵形で短く葉の裏に白い毛が生えます

秋の葉は長さ10~16cmで幅3~4cmと大きいです

羽状に裂けています

春の花は4~6月頃に咲きます

小さくて可愛いようです これは来年探してみたいです

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

山草原植物」カテゴリの記事

コメント

春と秋で花も葉っぱも、まるで違う植物も珍しいですよね
綿毛の様な姿も、葉っぱもタンポポに似ていますねぇ~
来年は、春のお花もぜひ見てみたいですね


☆ふくさん
色黒で背の高いタンポポです
秋に綿毛の姿と蕾の姿しかなくて花は?
と不思議に思ってました
閉鎖花ってスタイルがあったんですね~
スミレやツユクサも閉鎖花で種を実らせます
目に見えないところで植物賢いんですね
春のセンボンヤリはどんな花なのか楽しみです

投稿: ふく | 2008年10月28日 (火曜日) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/24817914

この記事へのトラックバック一覧です: センボンヤリ(閉鎖花):

« エフノク | トップページ | エフノク »