« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土曜日)

エフノク

Photo_4

首のばし世界の果てを見る麒麟

| | コメント (3) | トラックバック (0)

オオアレチノギク

Photo

冬も威勢のいい帰化植物

オオアレチノギクをよく見かけます

<大荒地野菊>    キク科

ブラジル原産の雑草の代表のような植物です

草丈80~180cm

Photo_2

夏から秋に発芽して冬をロゼットで過ごします

花は夏から秋、冬も咲いてます 

花が咲いてるように見えませんがこれでも咲いてるようです

小さい時に抜くと簡単に抜けますがだんだん大きくなると

根が張って力いっぱい引っ張らないと抜けなくなります

円錐花序にたくさんの頭花(直径3mm)をつけます

白く花が開いてるように見えるのは綿毛のついた種子です

Photo_3

ヒメムカシヨモギとよく似てるのでちょっと区別が難しいです

全体的に灰緑色をしてるのがオオアレチノギクで

緑色をしてるのがヒメムカシヨモギ、

これは毛の多いほうがオオアレチノギクということです

オオアレチノギクの花は花弁がないように見えます

ヒメムカシヨモギは北アメリカ原産

関東地方以西の荒れ地や道端でよく見られます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金曜日)

エフノク

2_3   

閉ざされた冬を列車は駆け抜ける

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木曜日)

エフノク

2_2

腕ひろげ鳥のねぐらになりたい樹

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フウセントウワタ

Photo

寒いのにまだ花が咲いてました 蕾もあります

フウセントウワタがどこかの庭から逃げ出して線路脇で繁殖してました

<風船唐綿>     ガガイモ科

木の高さは0、6~1m

南アフリカ原産です

Photo_2

ほらこんなにたくさん!

フウセントウワタは夏ごろ5弁の花を咲かせます

かなり時季はずれな花を見つけたわけです

葉は対生して幅1cm長さ10cm

Photo_3

膨らんだ奇妙な風船の中にはふわふわの綿毛が詰まってます

果実の大きさは5~10cm、ごわごわした毛が生えています

白い綿毛の下に黒い種子が見えます

綿毛を広げて風に乗って飛んでいくんでしょうか

綿毛を貰ってきて植えてみたらよかったのに・・・

まったく思いつきませんでした

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水曜日)

エフノク

Photo

透明なセロファンかさねる冬の空

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火曜日)

エフノク

Photo_4

海の際冷えたゆびさき夕日に触れる

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ツルウメモドキ

Photo

ツルウメモドキの赤い実を林の縁で見つけました

<蔓梅擬>    ニシキギ科

雌雄異株の蔓植物です

3つに割れた仮種皮からのぞく赤が冬の季節によく目立ちます

Photo_2

根元まで枝を辿っていくと太い幹の隣の直径2cmほどの

灰褐色の丈夫そうな蔓

葉は互生して5~10cm、先端がとがります

テリハツルウメモドキより葉がうすく繊細

Photo_3

手が届かない高いところに絡み付いてるツルウメモドキ

たくさん果実をつけてます

5~6月に6~8mで黄緑色の花を咲かせます

果実は7~8mm

色が美しくクリスマスリースや生け花に使われます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月曜日)

エフノク

Photo

ヒト科ヒトの痕跡残る雪の道

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日曜日)

エフノク

Photo_5

口をあけ雪のかたちを受け止める

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ツルコウジ

Photo

じゅげむじゅげむ・・・やぶらこうじやぶこうじのヤブコウジかと

思ってるとどこか違う、、、ツルコウジでした

<蔓柑子>     ヤブコウジ科

木の高さは10~15cm

暖地のちょっと薄暗い林下に生えます

Photo_2

どこが違うかというと全体に毛が生えているし茎をたどると

蔓になって地面を這います

葉の長さは2~6cmで葉がぎざぎざしています

5~6月に6~7mmの白い花を下向きに開きます

Photo_3

赤い果実は5mmの球形

冬に熟し春先まで見られます

千葉県以西の本州、四国、九州、沖縄に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土曜日)

エフノク

Photo_2

とけだした雪の結晶目に落ちる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金曜日)

エフノク

Photo_5

しゃらしゃらと霰ふる日のアロエ花

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ハマナタマメ(果実)

Photo

海岸を歩くと蔓に果実が実ったまま乾燥していました

これも海流に乗って種子が旅をします

<浜鉈豆>      マメ科

葉はすっかり落としていますが枯れてはいないようです

種子は堅くて軽くて頑丈で水に浮くが海流散布の条件

Photo_2

うーーんと力入れて莢を割ってみました

薄皮に包まれて大切な種子が4個

莢のままでも水に浮きそうですが種子も浮きました

6~9月頃ピンクの花を咲かせます

Photo_3

左は食用になるナタマメ、右はハマナタマメ

ナタマメ大きいですね 長さは30cmほど

若いうちに漬物などにして食べます

ハマナタマメは関東地方以西の本州、四国、九州に自生しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木曜日)

エフノク

Photo

電線をもののけ走る息白し

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水曜日)

エフノク

Photo_5

てのなかに檸檬をのこし去りし人

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ツルナ(果実)

Photo

角が4個ある干からびた木の実?はなんでしょう

場所は海岸、波が満ちてきたら潮を被ることもありそう

枯れた茎は蔓植物のようです

Photo_2

もうちょっと離れてみるとこんな感じ

果実は軽くてたくさん落ちていました

これは海流散布で分布を広げてるに違いありません

潮がさっぷんときたらプカプカ浮いて海に漂っていきそう

Photo_3

まだ枯れてない葉がついてるのを見つけました

肉厚な葉のツルナでした

<蔓菜>    ツルナ科

黄色い花は4~11月頃まで咲きます

葉は食用に栽培もされています 

Photo_4

家に持って帰って水に浮かべてみました

浮かんでますネ~

果実をハサミで切りましたが堅いスポンジのようで

なかなか切れませんでした

模様のところが種子かと思ってましたが違うようです

包丁で切ってみたらよかったかも

堅いスポンジが水に浮き種子を守ってる仕組みは

コルク質に守られたハマナツメと同じです

日本中の海岸で見ることができます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火曜日)

エフノク

Photo

海神はマストに止まる冬の凪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月曜日)

エフノク

2_2

暮れなずむ冬の湿り気無人駅

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ハマナツメ(果実)

Photo

ハマナツメは暖地の海岸沿いで見かける棘のある樹木です

旅先の南西諸島からそよかぜさんのそよ風に乗っての海流散布の

オヒルギの記事を読んでたらハマナツメの果実のことを思い出しました

<浜棗>     クロウメモドキ科

木の高さは3~5m

Photo_2

花の後で果実も見に行こうと思ってたのに忘れてました

このハマナツメを見つけた場所は長崎市の牧島というところです

牧島は島ですが小さな橋が架かっていて行き来ができます

牧島の位置は九州の西側、長靴のような長崎半島と突き出した

お尻のような島原半島をつなぐ海沿いの真ん中あたり

(説明は難しいですね~)

現場に到着するとすぐに忘れ物発覚・・・カメラのSDカード・・・

しかたなか。携帯があるじゃないか。。

Photo_3

ハマナツメはすっかり葉を落とし実もない・・・・

が茨の中に入ってよーく見ると数個残ってました 

ハマナツメの果実はコルク質、何海流が流れてるのか

よくわかりませんが南の国から海流に乗ってぷかぷか

流れてきたんじゃないでしょうか

ハマナツメのは7~8月頃咲きます

黄緑色で5mmほど

緑色の葉は黄色になってほとんど落葉してしまってます

刺が鋭いです

Photo_4

ハマナツメの果実、真ん中は服に食い込んでいた刺!

種子が中に入ってるのか割ってみましたがみっちりと詰まった

硬いコルク質でした 種子はどこにあったんでしょうか?

果実が種子なんでしょうか

水に浮かべると浮きました

関東地方以西の本州、四国、九州、沖縄の海沿いに自生してます

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日曜日)

エフノク

Photo

光がつむぐ音響きあう天主堂

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土曜日)

エフノク

Photo

石の手は祈り捧げる浦上の丘

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金曜日)

エフノク

2_4 

冬日和海の匂いのマフラー巻く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木曜日)

エフノク

2

ポケットを空っぽにするゆらぎ時

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水曜日)

エフノク

Photo

今という時間の連なり通過中

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火曜日)

エフノク

Photo

冬空を突き抜けて愛直球

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月曜日)

エフノク

Photo

騒がしく鳥のついばむ黄色い実

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日曜日)

エフノク

Photo

脈打つ赤い点滅寒の空

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土曜日)

エフノク

Photo

冷たい月に触れてみる睦月満月

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金曜日)

エフノク

Photo

身体から抜けだした影冬うらら

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木曜日)

エフノク

Photo_3

もどかしい夢をさまよう枯れた蓮 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水曜日)

エフノク

Photo

黒猫の瞳横切る一の月

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火曜日)

エフノク

Photo

ざわめくノイズ打ち消して冬の波

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月曜日)

エフノク

Photo

ミラーには冬天の一旦停止

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日曜日)

エフノク

Photo

白亜紀へ記憶を捲る裸木よ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土曜日)

エフノク

2

目の奥へ冬の日輪の銀の色

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金曜日)

エフノク

Photo

冬の窓こだまする声閉じ込める

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木曜日)

エフノク

2

今日の春0から1へよごれのないそら

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »