« エフノク | トップページ | ハマナツメ(果実) »

2009年1月18日 (日曜日)

エフノク

Photo

光がつむぐ音響きあう天主堂

|

« エフノク | トップページ | ハマナツメ(果実) »

長崎の教会」カテゴリの記事

コメント

さださんの長崎での野外コンサートに行ったとき
翌日観光バスで市内めぐり
その中の浦上天主堂に雰囲気がよく似てる

ステンドグラスが素敵です。

☆わんちゃんさん
おはようございます♪
長崎人より他県の方が長崎に詳しいのはなぜ・・・
そうです浦上天主堂です
神々しい青い光が綺麗でした
原爆で溶けたガラスをステンドグラスに使用してあるそうなので
時間があるときにステンドグラスをもっとよく見たいものです

投稿: わんちゃん | 2009年1月18日 (日曜日) 21時09分

こんにちは。長崎には教会、キリシタンは多いんですか?イメージ的には多い気がします。


☆しぽさん
おはようございます♪
長崎にはたくさんの教会があります
なかでも五島列島には美しい教会が数多くあります
キリスト教ではないので詳しくないですがかなりの数の
信者がキリスト教弾圧で殉教したそうです
キリスト教弾圧の舞台は長崎でした
弾圧から逃れるために島に渡り隠れキリシタンになり
五島列島に教会があるということなのです
信じるものがあるって強くなれるんですね~


投稿: しぽ | 2009年1月18日 (日曜日) 21時40分

これは再建された浦上天主堂ですね、20年くらい前に旅行で訪れ、ステンドグラスを見て敬虔な気持ちになったのを思い出しました、上っていく道の両側には原爆で焼かれた天使像が並んでいたのもここだったと思います。

無残にも 光に焼けし 天使像

☆kazutyanさん
こんばんは♪
ステンドグラスの青い光、清められる光でしょうか
敬虔ってどんな気持ちかわかりませんでしたが
この光の空間を見ると感じることができました
宗教が違っても人は神聖な気持ちになれます
20年前でも記憶が鮮明ですね
首のない聖人像の隣に焼かれた聖人像があります

    青い光の祈りの響く浦上天主堂

    

投稿: kazutyan | 2009年1月19日 (月曜日) 11時00分

原爆の記憶をとどめる場所ですね。
それでも、ステンドグラスは清く美しい…。
宗教はちがえども、そこに聖なるものがあるように感じます。


☆ねこおばさん
こんばんは♪
ありました聖なるもの
鈍感なエフも青い光に魅せられました
時間がなくて天主堂の中には入りませんでしたが
覗き込んだだけでくらくらしました
中に入って青い光を浴びるとどうなってしまうのでしょうか
ステンドグラスが美しいことは知ってましたがこれほど
美しい空間になるとは思っていませんでした


投稿: ねこおばさん | 2009年1月19日 (月曜日) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | ハマナツメ(果実) »