« オオアレチノギク | トップページ | エフノク »

2009年1月31日 (土曜日)

エフノク

Photo_4

首のばし世界の果てを見る麒麟

|

« オオアレチノギク | トップページ | エフノク »

長崎の教会」カテゴリの記事

コメント

低く垂れ込めた雲、意外なほど見通しが利く遠景。
ダイナミックな自然現象ですよね…。
距離感がとっても素敵ですね!


☆TOOLKITさん
おはようございます♪
丘の上まで行くと海が見えるんですが重たい
雲の間から眩しい光が挿してきました
エフもそうですがいろんなものが首を伸ばして
光のほうを見てました
明日は晴れかな~

投稿: TOOLKIT | 2009年2月 1日 (日曜日) 09時22分

これだけ首が長けりゃ地平の向こうまで見えそうですね、頭上の雲は重苦しいけど、麒麟さんの眼の先には希望が見えていそうです。

首伸ばし 先行き見たい 現世から


☆kazutyanさん
おはようございます♪
写真に撮ると街灯も標識も首のように見えてきました
あの光の向こうが気になって仕方ない
実際は誰も気にしてませんでしたが
眩しい光の中で何か起こってるに違いない。

    明日を見に地平へ飛ぶ鳥となる
    

投稿: kazutyan | 2009年2月 1日 (日曜日) 14時20分

麒麟かぁ・・・ なるほど
そう言われると 麒麟にしか見えない(笑)
夜道を走る車が じゅうぶん遠くまで見通すためには
これだけ長い首じゃないと 足りないのでしょうね


☆たびたまさん
おはようございます♪
でしょでしょ。これは麒麟ですよね
(強制的です)
丘の上までえっちらおっちら自転車を押していって一気に
下って行ったおじさん・・・子供じゃなくておじさん
何かのゲームでしょうか、真似したい♪

投稿: たびたま | 2009年2月 1日 (日曜日) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« オオアレチノギク | トップページ | エフノク »