« 越冬昆虫 | トップページ | 一足早い春の花 »

2009年2月15日 (日曜日)

エフノク

2

春を乗せ走り出したい列車たち

|

« 越冬昆虫 | トップページ | 一足早い春の花 »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

東京に居ると誰も居ない夜の駅のホームは不思議な写真です。

何時頃の世界なんでしょうか?

最終電車迄が満員となる東京とは別世界ですね。

東京でホームでカメラを出しているのを見ると、みんな「鉄」に見えてしまいます。


☆digiphotoさん
こんばんは♪
この写真はpm20:00くらいに撮りました
東京は待たなくてもすぐに次の列車が来るので
便利さとせわしなさにびっくりします
それとなんであんなに人がいっぱいいるんでしょうか
朝も昼も夜も・・・
どこから人が湧いてるのか不思議です
鉄の人もいっぱいいるんですね
長崎ではなかなか出会いません

投稿: digiphoto | 2009年2月16日 (月曜日) 13時25分

行き違いでしょうか、急行の追い越しでしょうか、ホームに人影のない時間があるのですね、ベルは鳴っていないようですが、

星はまたたき 夜ふかく
  なりわたる なりわたる
  プラットホームの別れのベルよ
  さよなら さようなら 君いつ帰る

なんて歌詞、思い出しました。

☆kazutyanさん
こんばんは♪
行く先が違う列車が2本
列車を待ってた人はもう列車に乗り込んでしまったようです
発車までもうしばらくお待ちください

とってもロマンチックな頃の歌のようです
調べてみると夜のプラットホームという歌なんですね
駅でロマンスが生まれて消えてしてたんでしょうか
聞いたことないですが懐かしい昭和の歌ですね


投稿: kazutyan | 2009年2月16日 (月曜日) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/28112488

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« 越冬昆虫 | トップページ | 一足早い春の花 »