« シャガ | トップページ | スジグロシロチョウ(春型) »

2009年3月28日 (土曜日)

エフノク

Photo_4

花冷えのゆきどまりまで隠れ里

|

« シャガ | トップページ | スジグロシロチョウ(春型) »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

彼岸が過ぎて未だ寒さが続きますが、こういうことがあるから花冷えという言葉があるのでしょう。菫色の花、花大根(諸葛菜)でしょうか、花大根は一度つくると、住む人がいなくなった廃屋の庭でも、毎年咲き続けているようです。ゆきどまりの過疎の里でも咲いているのでしょう。

訪ね人 無き里の春 花大根

☆kazutyanさん
こんばんは♪
長崎ではどこからか風が吹いてきたり寒かったりすると
すーすーすっといいますがこの花冷えすーすーします
手足や肩口が冷えますね~
平家の落人伝説の里は人里離れたさみしい所です
花大根は諸葛菜ともオオアラセイトウともいいますね
別名の多い花は愛されてる花でしょう

     ひそひそと落人の里花の冷え

投稿: kazutyan | 2009年3月29日 (日曜日) 11時55分

花大根、ちかごろよく見かけます。
けっこう好きなんですよ、この色と形。
川辺だったり、道端だったり、空き地だったり…。
がんばってテリトリーを広げているのかしら。

☆ねこおばさん
こんばんは♪
ハマダイコンに似てますが上品で優雅な花です
おほほほと笑ってるような雰囲気
どうやって領土拡大してるんでしょうか
原産国は中国、江戸時代に観賞用に渡来
果実が熟すると莢が自然に開いて種が飛ばされます
繁殖力が強いようです
春を感じる花ですね

投稿: ねこおばさん | 2009年3月29日 (日曜日) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/28851898

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« シャガ | トップページ | スジグロシロチョウ(春型) »