« ノコギリカミキリ | トップページ | キンバイザサ »

2009年7月12日 (日曜日)

エフノク

Photo_5

夏の空ちいさな声でうたうたう

|

« ノコギリカミキリ | トップページ | キンバイザサ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

梅雨明けの空ですね、なるほど丘を歩けば鼻歌の出そうな風景です。


☆kazutyanさん
こんばんは♪
ふと振り返ると青空!
歩いてる方は曇り空だったので嬉しくなりました
夏の空夏の雲夏の草!
風に乗って雲がすごいスピードで流れていきました

投稿: kazutyan | 2009年7月13日 (月曜日) 13時50分

空から風が吹いてきて
上からくるっと回って木の下を通って
鼻歌を歌っていそうですね。
夏って日差しも色も元気いっぱいで楽しくなります。

(私の頭の中の空想劇場では
この写真の右上からハイジが斜面を走ってきて
白い服が風でホワンと膨らんでいました(笑))

☆aniseさん
こんばんは♪
ふふふ、すごい傾斜の斜面なんですよ
それに草丈が深くてハイジは草に埋もれてしまいそう
それでも山羊のユキちゃんが草を食べてくれて
ハイジだったらコケずに走ってこれそう
空想劇場はどんどん展開してしまいそうです

いよいよ梅雨明けかまだか??な天気が続いてます
夏の日差しに慄きつつ焦がれる夏の入口です

投稿: anise | 2009年7月13日 (月曜日) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/30516343

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« ノコギリカミキリ | トップページ | キンバイザサ »