« コスズメ | トップページ | ネコノシタ »

2009年7月 8日 (水曜日)

エフノク

Photo_5

梅雨空にゆるぎなく鳴る発車ベル

|

« コスズメ | トップページ | ネコノシタ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

エフさん おはようございます(のお返しだ)♪
イエローの通学電車いいですね
発車のベルでドアが閉じる寸前に
息せき切って駆け乗って
思わず目があったのが好きな子で・・・
こんな状況あったような
なかったような

☆グールドの帽子さん
こんばんは♪♪(音符の大サービスです)
黄色い一輌列車は通学列車ではありませんでした
乗ってみたくなる列車ですが料金が少し高いのはなぜ?
グールドの帽子さんのように甘酸っぱい思い出がないか
列車通学3年間を思い出してみたら・・・・・
雨がきっかけで仲良くなった浪人生がいました
思い出してみるものですね~うっひゃー

投稿: グールドの帽子 | 2009年7月 9日 (木曜日) 09時33分

梅雨空でも暑くても寒くても、きちんと走ってくれる鉄道は足代わりとして心強いです。でもそれぞれの発車のベルを聞く気持ちにはそれぞれの人生模様があるのでしょう。


☆kazutyanさん
こんばんは♪
通学の足として使ってた時は混雑するし本数がないし
終電は早いしと不満いっぱいでしたがこうして駅へ
行くと切符を買って列車に乗りたくなります
発車のベルと競争して列車に飛び乗ることもなくなり
なんかつまらないので今度乗ってみようと思ってます

投稿: kazutyan | 2009年7月 9日 (木曜日) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/30463175

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« コスズメ | トップページ | ネコノシタ »