« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水曜日)

エフノク

Photo_5

深まる秋に急かされる虫のアンテナ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ハマエノコロ

Photo

海辺に生えるハマエノコロ

エノコログサよりほわほわした印象です

<浜狗尾草>     イネ科

草丈5~20cm

花穂は太く短く垂れ下がらずに直立します

Photo_2

茎は分岐してよく枝分かれすることが多いそうです

葉は厚めで5~10cm

海風や塩水に関係あるんでしょか

花期は8~10月

Photo_3

海岸の岩のすき間や砂浜に生えています

砂浜を覆うハマエノコロは絶えず風に翻弄されてました

日本全国に自生しています

Photo_5

枝分かれしてるハマエノコロ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火曜日)

エフノク

Photo_2

秋の扉は開けたまま長崎の雨

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月曜日)

エフノク

Photo

天高く舞い散る秋の蝶になる

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ササキリ

Photo

秋の虫が盛んに鳴いてますが名前と姿はまったく一致しません

声は聞こえるけど姿は見えず、姿が見えてる時は鳴いてない

葉っぱの上で雨に打たれてるのはササキリ

<笹螽斯>     キリギリス科

体長13mm

Photo_4

長い産卵管があるのでこのササキリはメス

くりくりの複眼が大きいですね

その複眼後方から胸、翅に黒褐色の帯模様、

腹部が金色に見えるのは錯覚?!

足の関節も黒いです

Photo_3

翅は褐色で足と顔と胸は緑色

笹にいるキリギリスでササキリ

鳴き声はジリジリジリジリ、昼間に活動します

林の下などの日陰の草むらにいます

食草はイネ科の葉

本州、四国、九州、沖縄に棲んでいます

Photo_6

ササキリのオス

産卵管が短いです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日曜日)

エフノク

Photo_3

弧を描いて飛ぶ鳥高く秋の空

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヤブタバコ

Photo

おちょぼ口の花、ヤブタバコが咲いていました

<藪煙草>    キク科

草丈0、5~1m

皺が多くて葉が大きいところがタバコの葉に似てるので名づけられました

葉は長さ25~30cm、幅10~15cm

両面に短毛が生えます

Photo_2

茎の上部の葉の付け根に1個づつ頭花を下向きにつけます

直径1cm 中心部に両性の筒状花、まわりに雄性の筒状花

ほとんど柄がないのが特徴です

花期は9~10月

そう果は臭いがありべたべたして動物や衣服などにくっついて運ばれます

長さ3、5mmの円柱形

厄介なひっつき虫になりそうです 近づきたくないですね

日本全土に自生しています

よく似ているガンクビソウは花の形はそっくりです

茎の先端に花が1個咲くのが大きな違いです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土曜日)

エフノク

Photo_8

封印をひらいてとじる秋日和

| | コメント (1) | トラックバック (0)

タテハモドキ2009近況

Photo_2

海岸側の湿地でタテハモドキが乱舞してました

数えてないのではっきり数はわかりませんが50匹以上!

<立羽擬蝶>    タテハチョウ科

翅を開くと5~6cmありそうです

夏型と秋型が一緒に飛び舞ってました 一番左にいるのが夏型

Photo_3

タテハモドキの食草はオギノツメ、 イワダレソウ、スズメノトウガラシ

オギノツメは近くで見かけました

Photo_4

秋型は裏翅が木の葉そっくりになります

とっても綺麗なのでいっせいに羽化したのでしょうか

Photo_5

この日に飛んでた夏型はすべて翅が傷んでました

7月23日撮影の夏型は翅が丸みを帯びて黄色っぽく見えます

全然違うのは裏翅に目玉模様があるところ

Photo_7 

これも夏型

5月中旬から12月頃まで年に数回発生します

成虫で越冬

どうやら長崎に土着して数を増やしているようです

本来は南西諸島、鹿児島、宮崎で見られていましたが

九州制覇しそうな勢いです

同じ場所でアオタテハモドキのオス、メスも見かけました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金曜日)

エフノク

Photo_4

船乗りは空に恋する秋の雲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤノネボンテンカ

Photo

道端の側溝に咲いていたヤノネボンテンカ

南アメリカ原産の帰化植物です

<矢の根梵天花>       アオイ科

草丈は50~200cm

葉の形がヤジリに似てるところから来た名前です

梵天は仏教の守護神のことです

もともと日本の花ではなく外国の花という意味でしょうか

花の大きさは5~7cm

Photo_2

花びらの裏側は白い花弁に赤いライン

一日花で朝咲いて夕方萎みます

花の中央は暗黒色

3時頃には開いている花がわずかでした

Photo_3

花期は夏から秋

別名は高砂芙蓉(たかさごふよう)

ほんのわずかなすき間から生えていました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木曜日)

エフノク

Photo_8

いったりきたりものおもう秋の波

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アオタテハモドキ(メス)

Photo

目玉がズラズラと並ぶアオタテハモドキ

<青立羽擬>     タテハチョウ科

海岸の側の湿地でオスを1匹メスを1匹見つけました

写真に撮れたのはメスだけです

本来は南西諸島に分布しているそうですが風に運ばれて

飛んできたんでしょうか 

時々長崎でも(2年前にオスを2匹目撃!)発生するそうですが

冬が寒いので越冬できないそうです

Photo_4

オスは攻撃的で一定の距離まで近づくとさっさと逃げてしまいました

撃沈です。オスは独特の青色が美しいです チラッと見えました

メスは友愛精神で可愛い目玉を見せてくれました

昆虫は足が6本の筈ですが4本のような?

Photo_6

横向きもやっぱり4本?!

裏翅にも目玉模様があります 

Photo_5

地面に止まると見失ってしまいます

アオタテハモドキの食草はキツネノマゴ科

Photo_7

熱帯の蝶は色鮮やか!

前翅に目玉2個、後翅にも2個あります

遠くから飛んできたとは思えない美しさ。

タテハチョウ科なのになぜ名前にモドキが付いてるんでしょうか

2

ブルーが輝いてます、オスは豪華絢爛

オスもメスも完璧な個体なので2世なのかもしれませんね

Photo_4

翅を開いてると遠くても目立ちます

雨が降りそうだったから空気が重かったのかいつもの

敏捷さがなかったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水曜日)

エフノク

Photo_4

彼岸花埋没しては浮かぶ赤

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クワモドキ

Photo

河原で大きな大きな草を見つけました

花粉症の原因と言われているクワモドキ別名オオブタクサ

<桑擬>     キク科

草丈3m、茎の太さは2~4cm

北アメリカ原産の帰化植物です

Photo_2

蕾のように見えますが黄色い花粉が葉の上に

たくさん落ちてたのでこれが花のようです

クワモドキは穂状に雄頭花をたくさんつけ基部の苞葉内に

雌頭花をつけます

昆虫に頼らない風媒花なので花が目立ちません

どうやら大量に花粉を飛ばしているようです

Photo_3

葉は対生、20~30cmで3~7に裂け柄が長いです

似ているブタクサの葉はもっと細く裂けます

河原、空き地、鉄道沿線沿いに群生します

北海道から沖縄までひろく帰化しています

気のせいだと思いますが鼻がムズムズします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火曜日)

エフノク

Photo_5

森閑と遊ぶつかの間糸蜻蛉

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アカサシガメ

Photo_3

赤色の翅に黒い楕円形の模様・・・

翅を開くとどうなってるんでしょうか?楕円はふたつ?

<赤刺亀虫>     サシガメ科

体長11~15mm

サシガメは昆虫を捕まえて体液を吸ってます

Photo

このアカサシガメは体の下に捕まえた昆虫を隠してました

誰にもあげないと必死のアピールです

ゼッタイ欲しくないです・・・

Photo_2

横から見ると口吻が胸のあたりへ曲がってるのが見えます

普段はたたんでいて昆虫を捕獲したら体にぶすりと刺します

それでサシガメは刺す亀虫なんですね~

成虫で越冬します

本州、四国、九州に棲んでいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月曜日)

エフノク

Photo_4

いつまでも手を振る人よ曼珠沙華

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ジュズダマ

Photo

運動会の玉入れの赤玉、白玉の中に入れたりお手玉にしたり

ネックレスやブレスレットも作った懐かしいジュズダマ

<数珠玉>     イネ科

草丈1~2m

熱帯アジア原産の帰化植物です

古い時代に渡来したと考えられています

雄雌同株

葉は長さ50cm幅5~4cm

Photo_2

壺形の包鞘(ほうしょう)は卵球形で1cm

雄性の小穂は包鞘から伸びた柄の先につきます

ジュズダマは風媒花なので風が吹くと花粉が飛びます

花期は9~10月です

Photo_3

雌性の小穂はどれだとしばらく探しました

壺形の包鞘の中にあり白いくにゃくにゃしてるのは柱頭

壺形の包鞘は果期になるとかたくなって灰白色になります

この堅くなった灰白色のものをたくさん集めるのが楽しかったです

中の芯を抜くと穴が開いて糸を通しつなげるとネックレスになります

川沿いでよく見かけます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日曜日)

エフノク

Photo_5

秋しずか陣地を増やす陰動く

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フタテンカメムシ

Photo

なかなか何カメムシかわからなかったですがしつこい性格が

幸いしてフタテンカメムシと判明!

<二点亀虫>     カメムシ科

体長11~14mm

草原のカヤの上にいました

Photo_4

体色は銅褐色から灰褐色の地味ーな容姿

背中の三角の小楯板(しょうじゅうばん)の両端に白い斑紋が2個

あとは取り立て目印がありません

Photo_3

イネ科植物を食草にしてます

冬は成虫で越冬します

この写真を撮ったのは5月!

本州、四国、九州に棲んでいます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土曜日)

エフノク

2

真っ青な空の瞳が秋を見る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヒメジソ

Photo_4 

めっきり秋めいてきた野山の空き地に咲いてたヒメジソ

<姫紫蘇>    シソ科

草丈20~60cm

枝先に淡紅紫色から白色の花をつけます

花は4mm、花期は9~10月

Photo_7

茎は四角 

葉は対生して長さ2~4cm、幅1~2、5cm

縁にギザギザした鋸歯があります

全体に細い毛が多いです

Photo_6

イヌコウジュとよく似てますが歯のギザギザが粗く

鋸歯の数が少ないです

萼の形も違うようですが似てるような場所に生えてるし

どっちか名を名乗れ!と言いたい。

葉の鋸歯が片側に4~6個ほどなのでヒメジソとしました

日本全土に自生してます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金曜日)

エフノク

2

百舌猛り青い世界の縛られる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モズ

Photo_2

モズの高鳴きを聞いたら秋を感じます

<モズ>     モズ科

体長20cm、羽根を開くと27cm

今朝ギチギチギチと初鳴きしてたモズが窓ガラスにごん!

とぶつかってしまいました

すぐに救出しましたが口はあけっぱなし、足はへにゃへにゃ。

以前もクロジがぶつかりました どれだけ田舎なんでしょうか

高鳴きは縄張り宣言でオスもメスもします

モズは他の鳥の鳴き真似が上手なので百の舌を持ってると

いうことで百舌というそうです

Photo_9

モズは小型の猛禽なので鋭い嘴をもっています

嘴の脇にある毛は髭?まつ毛?長いですね

目に黒い模様があるのでオス、通眼線というそうです

農耕地の周辺や河原、林の縁などの開けたところで昆虫や

小動物を捕まえます

小枝などに獲物を刺しておく『はやにえ』の習性があります

Photo_10 

目に注目!白目を剥いてるのではありません

目を閉じてるだけです 瞼は下から上に閉じてました

鳥には瞬膜と呼ばれる瞼とは別のものがあるそうですがこれ?

Photo_11

写真を探すと目が曇ってるのがありました

これが瞬膜でしょうか?下の写真の目と比べてみてください

Photo_12

これは黒いつぶらな瞳です

そよかぜさんのブログにコイカルの瞬膜についての記事が

あったのを思い出しました

瞬膜は多くの場合水平方向に動くとあります 

モズもいっしょでしょうか

モズの瞼は目の縁の白い縁取りごと垂直方向に動いてました

もう1度上の上の写真を見ると目の上側に白い縁取りがきてます 

Photo_8

しばらくすると元気がでてきました 籠から窓辺に飛んでみました

精悍なモズに戻りつつあります 尾を動かしてます

外から別のモズの高鳴きが聞こえてるので気になってるようです

窓を開けると驚いてあっちこっちにぶつかりながら逃げて行きました

北海道から九州まで分布してます

Photo

モズのはやにえを見つけました

アマガエルでしょうか・・・カチカチに干からびてます

これはいざという時のための食糧?それとも遊び?

モズはハヤニエを覚えてるんでしょうか

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木曜日)

エフノク

Photo_5

海面に漂う秋を掬う舟

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホシアサガオ

Photo

これも小さな花を咲かせてます、ホシアサガオ

<星朝顔>      ヒルガオ科

熱帯アメリカ原産の帰化植物です

蔓植物なのでいろんなものに巻きつき数メートルになります

Photo_2

花は淡紅色で星形、中央は紅紫色

マメアサガオと同じくらいの1、5cmほどの花を咲かせます

花柄にはいぼ状の突起があるそうです

もう少し観察力があったらよかった。。

Photo_3

全体的に無毛

葉は互生してハート形でときどき3裂

時間指定で朝咲いてます

関東地方以南に定着しています

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水曜日)

エフノク

Photo_4

秋うららふたりのためにある世界

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ツマグロオオヨコバイ

Photo

クズの葉っぱの上にツマグロオオヨコバイがいます

カメラを接近させるとつつつーと横に動いて葉の裏に

隠れてしまいます それで横這いです

<つまぐろおおよこばい>     ヨコバイ科

体長13mm

Photo_2

この虫がなんの仲間かよくわかってませんでしたか

セミの仲間です

黄色い翅が鮮やかでよく目立ちます

黒い点がたくさんあってどれが目?!

頭の両脇にあるのが目、他の点々は模様です

Photo_3

黄色い翅の下の体は黒色

水滴はおしっこ?

ツマグロオオヨコバイは植物に長い口吻を差し込んで

汁を吸っているのですぐにおしっこをするそうです

食草はブドウ、柑橘類、クワなど

本州、四国、九州、沖縄に棲んでいます

京都のツマグロオヨコバイも黄色で横滑りが上手です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火曜日)

エフノク

Photo_5

目の奥に棲む人を見るハレーション

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メハジキ

Photo

メハジキは四角い茎を切って瞼に貼り目を開かせる遊びからきた名前です

瞼に貼ると痛そうですね 無理やり目を開ける遊びでしょうか

<目弾>     シソ科

草丈0、5~1、5m

葉脈に咲く紅紫色の花は6~7mm

花期は7~9月

Photo_2

葉は大きく3裂しさらに羽状に分裂します

全体的に白い細い毛が生えています

道端や荒れ地に生えています

Photo_3

葉は上の方は細く下の方は大きく裂けています

秋に芽生えた冬の根生葉は卵心形で浅い切れ込みがあり

長い葉柄があります

本州、四国、九州、沖縄に自生します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月曜日)

エフノク

2_2

アンニュイな息はいてみる秋の窓

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日曜日)

エフノク

Photo_4

秋晴れの空間に浮く物思い

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ウズラカメムシ

Photo

カメムシらしくない形のカメムシ・・・ウズラカメムシ

<鶉亀虫>     カメムシ科

体長8~10mm

Photo_4

ウズラは鳥の鶉(うずら)、よく見たことないですが似てる!

体色は淡黄褐色と淡黒渇色

頭が三角形でちんまりした目がやけにチャーミング。

Photo_2

口が尖ってて頭から背中が丸くずんぐりしてます

触角は赤色

食草はイネ科植物でエノコログサ、ススキなど

本州、四国、九州に棲んでいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土曜日)

エフノク

Photo_4

雨垂れも砕ける波も埋め秋

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マメアサガオ

Photo

小さな白いアサガオ

<豆朝顔>      ヒルガオ科

北アメリカ原産の帰化植物です

蔓植物なのでいろんなものに巻きついて数メートルになります

花は直径1、5cmの漏斗状、よく見ると星形ですね

花の色は淡紫色から白色

花期は7~9月

Photo_2

葉は互生して先の尖ったハート形か長楕円形、

3裂することもあります

全体にほぼ無毛、花柄にいぼ状の突起があります

Photo_3

アサガオなので午後は萎んでしまいます

たまに朝の散歩もいいですね~

道端、河原、荒れ地によく生えています

関東地方以西の本州、四国、九州で見られます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金曜日)

エフノク

Photo_5

途切れた声に耳すます秋の風

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニジュウヤホシテントウ

Photo

カメラ目線?!なわけないですけど愛らしいですネ

<二十八星天道虫>     テントウムシ科

体長7~8mm

丸まると半円形をしています

Photo_2

斑紋は本当に28個あるんでしょうか

京都のわんちゃんさんが数えてみたら28個きっかり!

あるそうです さすがの集中力です

よく似てるオオニジュウヤホシテントウは斑紋が少し大きく

体も少し大きく・・・・どっちがどっち?って感じです

Photo_4

体は黄褐色か赤褐色

灰黄色の短い毛が生えているのでくすんで見えたり微妙な

光沢があったりします

食草はナス科植物なのでジャガイモやナスの葉を食べ畑の

大害虫になってます

本州、四国、九州に棲んでいます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木曜日)

エフノク

Photo_4

鰯雲平気な顔で生きていく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヤハズソウ

Photo

道端の雑草ですが小さな花を咲かせています

<矢筈草>      マメ科

草丈15~40cm

淡紅紫色 で5mmほどの花ですがちゃんと蝶の形をしてます

花期は8~10月

Photo_2

小葉は長さ1~1、7cm

葉には斜めに側脈がきれいに並んでいます

茎には下向きに毛が生えてます

小葉の先をちぎると矢筈の形になるのでヤハズソウといいます

矢筈とは矢の羽のことです

Photo_3

よく似るマルバヤハズソウは葉の先端がへこんでいます

豆果は3、5~4mmで先は尖ります

どんな草にも花が咲くことの不思議

どんな雑草にも名前があることの感激!

日本全土に自生しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水曜日)

エフノク

Photo_4

さわやかな青い空気の宙ぶらりん

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アオマツムシ

Photo

葉の上で踏ん張ってるアオマツムシ

<青松虫>    コオロギ科

体長23~28mm

体の角を黄色が縁取っています

Photo_2

上から見ると何の虫かわかりませんでしたが横を向くとバッタ?!

あれ松虫が鳴き出したちんちろちんちろちんちろりんの

マツムシは淡褐色をしてます

アオマツムシは中国から持ち込まれた帰化昆虫

鳴き声も大きくリーリーリーと鳴いて他の虫を圧倒します

8~11月の夜によく鳴きます

Photo_3

翅に模様があるのがオス、緑色がメス

オスはオオクモヘリカメムシに似てませんか

顔を覗きこんだら違うのがわかりましたが形と色に

惑わされそうになりました 目はカメムシが可愛いですね

木の上で生活してます

本州、四国、九州に棲んでします

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火曜日)

エフノク

Photo_3

さやけしの海へ梯子の誘う夕

| | コメント (1) | トラックバック (0)

オトコエシ

Photo

オミナエシ(女郎花)より男らしい花?オトコエシ

<男郎花>     オミナエシ科

草丈は0.6~1m

オミナエシの黄色い花に対してオトコエシは白い花

花はたくさんつきます 花の大きさは4mmほど

花期は8~10月

Photo_2

葉は対生し長さ3~15cmで羽状に裂けます

果実には円心形の翼があります

フジバカマ類と混同してましたが花の形がまったく違ってました

日当たりのよい山野でよく見かけ

北海道、本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月曜日)

エフノク

2

通過する海岸通りのバス秋へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日曜日)

エフノク

Photo_3

おいかけあうふたつの原子秋暑し

| | コメント (1) | トラックバック (0)

クロコノマチョウ(夏型)

Photo

木の幹に止まっている時はまったく気付かなかったけど

飛んで緑の葉に止まったら見えました

クロコノマチョウ夏の翅もカムフラージュ色

<黒木の間蝶>     ジャノメチョウ科

開帳すると7cmくらいです

Photo_2

夏型は翅の突起が小さくおだやかな形をしてます

秋型はより木の葉色に近いです

幼虫の食草はジュズダマ、ヨシ、ススキなどイネ科植物

成虫は林の中など薄暗いところを好みます

成虫が集まるのは樹液や果実など

本州、四国、九州で見ることができます

なかなか止まってる時は翅を開きませんが

表翅も魅力的です

(2009年9月7日撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土曜日)

エフノク

Photo_4

どこからか人待ち顔の秋の風

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ツクシハギ

Photo

萩が咲いてると秋だな~と感じます

秋の七草のひとつです

<筑紫萩>      マメ科

木の高さは2~4m

花は1~1、5cmの蝶形花で淡紅紫色

花期は8~10月

Photo_2

ハギは種類が多くてどれもよく似てますがツクシハギの葉は

先端がちょっとくぼんでいます

葉は3出複葉で小葉は長さ2~5cm

Photo_3

豆果は8cmで伏毛があります

山地の道端や草地に生えています

最初に見つかったのが福岡だったので筑紫萩ですが

本州、四国、九州に自生しています

筑紫と名前の付く花を探してみるとツクシコウモリツクシアザミ

ツクシショウジョウバカマツクシミカエリソウ(オオマルバノテンニンソウ)

など九州にかかわりのある花が多いです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金曜日)

エフノク

Photo_5

翻る木の葉に触れて風の神

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ホソミオツネントンボ(越冬型)

Photo

手にひょいと飛んできたホソミオツネントンボ

<細身越年蜻蛉>     アオイトトンボ科

体長34~44mm

春は鮮やかな青色でしたが夏に生まれたホソミオツネントンボは

淡褐色のまま冬を越します

Photo_2

7~8月に羽化した未熟成虫は水辺から離れ旅に出ます

冬は雑木林や藪の中で過ごし春になると池に戻ってきて

青色の成熟成虫になります

ホソミオツネントンボは夏に羽化して秋、冬を過ごし春に

交尾産卵をするので寿命は1年ほどでしょうか

Photo_3

手に飛んでこなかったら見えなかったかも

冬に茎や枝先でじっと動かずに越冬してる現場を見てみたいです

ここの池の周りには雑木林が広がってます

冬に成虫で越冬するトンボは3種類

《オツネントンボ、ホソミイトトンボ、ホソミオツネントンボ》

本州、四国、九州に生息しています

(2009年9月4日撮影)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木曜日)

エフノク

Photo_5

長月は乗る人のないボート浮く

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コウゾリナ

Photo

コウゾリナは刺がいっぱい

漢字で書くと髪剃菜、髪剃はカミソリのことで手で触ると

切れそうなところから名づけられました

カミソリとコウゾリは少し違うけど訛ったんでしょうか

<髪剃菜>    キク科

草丈は0、3~1m

Photo_2

黄色い花を枝先に咲かせます

大きさは2~2、5cm

花期は5~10月

そう果は赤褐色、冠毛は羽毛状

Photo_3

下の方の葉は柄があり上の方の葉には柄はなく茎を抱きます

茎には赤銅色の剛毛が生えているので触ると痛そう

Photo_4

草地や山野の道端に生えています

北海道、本州、四国、九州に自生しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水曜日)

エフノク

Photo_5

舟溜まり軋みの音の波寄せる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

セスジイトトンボ(メス)

Photo

瞬間キイトトンボか?とドキッとしましたががセスジイトトンボのメス

キイトトンボ探してるんです  

緑と黄色が紛らわしい・・・オスは緑がかった青色をしています

<背条糸蜻蛉>     イトトンボ科

体長2、6~3、5cm

Photo_2

目玉の中の青色紋を眼後紋というそうです

セスジイトトンボは大きな三角紋をしています

よく似ているムスジイトトンボの眼後紋は細長いので

見分けるポイントのひとつです

クロイトトンボのメスもよく似ているので混在してると

見分けが難しそうです

Photo_3

意地悪そうな顔をしていますね~

池の側の草むらにいたのはメスだけ

オスとは交尾の時期が来るまで別居生活のようです

北海道から九州まで生息しています

(2009年9月2日撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火曜日)

エフノク

Photo_2

朝顔の青さ大気にまじりあう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »