« エフノク | トップページ | エフノク »

2009年9月 4日 (金曜日)

ホソミオツネントンボ(越冬型)

Photo

手にひょいと飛んできたホソミオツネントンボ

<細身越年蜻蛉>     アオイトトンボ科

体長34~44mm

春は鮮やかな青色でしたが夏に生まれたホソミオツネントンボは

淡褐色のまま冬を越します

Photo_2

7~8月に羽化した未熟成虫は水辺から離れ旅に出ます

冬は雑木林や藪の中で過ごし春になると池に戻ってきて

青色の成熟成虫になります

ホソミオツネントンボは夏に羽化して秋、冬を過ごし春に

交尾産卵をするので寿命は1年ほどでしょうか

Photo_3

手に飛んでこなかったら見えなかったかも

冬に茎や枝先でじっと動かずに越冬してる現場を見てみたいです

ここの池の周りには雑木林が広がってます

冬に成虫で越冬するトンボは3種類

《オツネントンボ、ホソミイトトンボ、ホソミオツネントンボ》

本州、四国、九州に生息しています

(2009年9月4日撮影)

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

コメント

何を好き好んで厳しい冬を越えようとするのか…。
不思議ですね〜。
きっときちんとした理由があるのでしょうけれど…。
…それにしても、この色でホソミオツネントンボといわれても(汗)。
私には同定できそうもありません…(大汗)。

☆TOOLKITさん
こんばんは♪
雪の降る日に寒さに耐えるオツネントンボを見つけたら
感激しそうですネ
冬にトンボを見つけたら3種類しかいないので簡単に
同定できます 問題は今の季節だけ?!
生まれたてのイトトンボと間違いそうですが体に銅色の
波と斑点模様があるのでわかりやすいです
オツネントンボとは翅の斑紋が重なるか重ならないかで
区別できます

投稿: TOOLKIT | 2009年9月 5日 (土曜日) 09時24分

エフさんこんにちは。ホソミオツネンですか。手に飛んできたんですか!すごいです。まだ未見なので羨ましくて長崎に引っ越したいぐらいの気持ちです。

☆はるきょんさん
こんばんは♪
ははは!いいアイデアですネ
神奈川の池にホソミイトトンボがいたのなら
ホソミオツネントンボもいるかもしれませんね
棲んでる環境は似てるようです
人懐こいトンボではなく単に驚きの反応のようです
トンボに好かれる人間になりたい!

投稿: はるきょん | 2009年9月 5日 (土曜日) 15時27分

イトトンボが手に飛んできたんですか?
エフさん、なんか魔法でもつかえる?
来て欲しくても無理…、遠くへ逃げられないので精一杯(涙)。
エフさんの側に居たら、虫さんとの出会いが増えそうですね(笑)


☆ねこおばさん
おはようございます♪
魔法ね~大鍋で薬草や毒草を煮込まなくちゃ~
魔女になる日も近いようです
指先から不思議な力がじわじわっと出て昆虫たちを
金縛り状態にすることができるといいな~~
テリトリーに侵入した人間に驚いてとっさに手に
止まってくれました ラッキー!

投稿: ねこおばさん | 2009年9月 6日 (日曜日) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホソミオツネントンボ(越冬型):

« エフノク | トップページ | エフノク »