« ベニモンツノカメムシ | トップページ | オッタチカタバミ »

2009年10月24日 (土曜日)

エフノク

Photo_4

秋さみし無人の駅に残される

|

« ベニモンツノカメムシ | トップページ | オッタチカタバミ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

そんな時は我慢して次の電車を待ちます
次の電車から降りてきた中で気のよさそうな人を嗅ぎつけ
「あの、実は、今晩泊めてくれる家を探しておりまして・・・」
とバツが悪そうに言ってみましょう
エフさんだったらきっと大丈夫ですうー

☆北の無人駅さん
おはようございます♪
それはまるで・・・・田舎に泊まろう?
それにしてもターゲットが少なすぎる
乗る人はひとり、降りる人は3人
次の列車が来るのは30分後・・・
列車の写真を撮ってるばあいじゃない。
時間が過ぎ次の列車がやってきました~
あれーあっという間に通過してしまいました
急行だよ。。。秋の夕暮れはすぐに秋の闇。

投稿: 北の無人駅 | 2009年10月25日 (日曜日) 23時03分

これはさしづめミステリー列車ブルトレという感じですね、降りなければ夢があったのに、降りてしまったんですか、30分なら次を待ちましょう。


☆kazutyanさん
こんばんは♪
ミステリー列車どこまで行くんでしょうか
すぐに日が暮れてどこまで行ってもどこにも辿りつけない・・・
帰ってこれるの心配になります
急行停まらないし。
暗くなると急に心細くなってしまうのはどうしてでしょう

投稿: kazutyan | 2009年10月26日 (月曜日) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/31926371

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« ベニモンツノカメムシ | トップページ | オッタチカタバミ »