« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日曜日)

エフノク

Photo_3

冬というらせんをまいてひらく薔薇

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エフノク76

2

  この星に水満ちていく冬茜

  【いんだいてエフノクから】

  <冬茜>

  茜色に染まった海と空
  満々と水を湛える豊かな冬の夕暮れ
  寒くてももうしばらくこの場所に立っていたい

  撮影場所:大村
  撮影日:2008年12月18日

  この場所にカメラを構えて立ってるとちょっと恥ずかしい
  仕事帰りの車がすぐ後をびゅんびゅん走っていきます
  壮大な夕日のショー
  ちょっと足を止めてみませんか
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土曜日)

エフノク

Photo

北風に吹かれし耳の透きとおる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフノク77

2

  秋の夕焼け呑みこんで安息の地

  【しぇからしかエフノクから】

  <安息の地>

  夕焼けがあたたかく包み込む夕刻
  飛行機が空港へ向かって降りていきました
  なにもかも呑み込むおおきな地平
  河口から海へ海から陸へこの地球は安息の地

  撮影場所:鈴田川
  撮影日:2008年10月15日

  すこしずつ日が沈んでいくところも美しいですが
  沈んだ後徐々に光を失っていく海もしんみりします
  体から余分な力が抜けていくよう
  帰らないといけない時間があるので振り返りながら
  しぶしぶ帰るのでより貴重な時間に感じます
     

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金曜日)

エフノク

Photo_3

月のぼり引力の真ん中に立つ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフノク78

2

  刻々と流れる今を追いかけて

  【はらかいてエフノク】

  <浮遊する雲>

  夕焼けにぽっかり浮かび上がった雲
  海の中にも浮かんでます
  透きとおった冬の空
  シャッターを押したら時間も止まってしまいました
  美しい一日が暮れていきます

  撮影場所:大村湾
  撮影日:2008年11月18日
 

  夕焼けが美しい大村湾
  じーと見入ってると息することを忘れてしまいます
  沈んでいってしまった太陽が胸の中で熱を放って
  ほかほかハートで家路につきます
   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木曜日)

エフノク

Photo

深海の夢から覚めた海鳥の舞

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水曜日)

エフノク

Photo

はるか指す鳥追い人の温かな手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフノク79

2

  ポケットを空っぽにするゆらぎ時

  【いんだいてエフノクから】

   <ゆらぎ時>

  日が沈んで段々暗くなってきました
  いっぱいいっぱいだったポケットは空っぽ
  海風のなかに消えました
  今度は冷たくなった両手を入れましょう

  撮影場所:玖島
  撮影日:2009年1月5日

  日が暮れて灯りがぽつんと点る頃
  冬の夕暮れ時はとってもさみしくなります
  見えてるようで見えないようなほの暗さ
  沈殿していく空
  波音がはっきり聞こえてきました
  そろそろ帰る時間です
  

    
 
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月26日 (火曜日)

エフノク

Photo_3

ひなたにはピースサインの応援団

| | コメント (5) | トラックバック (0)

エフノク80

Photo

  少女の頬ふれていく冬のてのひら

  【はらかいてエフノク】

  <急ぎ足の少女>

  冷たい海風の中急ぎ足の女の子が歩いていきました
  おねえちゃんは自転車で先に行ってしまいました、、、
  待って待って~焦るけど走りたくない。。
  女心は少女も複雑
  上着が風にはためいて頬は赤く鼻水も出そう

  撮影場所:海の側の公園
  撮影日:2008年12月7日

  ヤシの木の右向こうに見えるのは長崎空港
  長崎の空港は海上空港です
  ヤシの木が植えてあると南国ムードいっぱいですが
  潮風は冷たくけっこう寒いです
  と寒がりなのでそう感じるだけかもしれません
  この空港から五島、壱岐、対馬へ行くことができます
  まだ行ったことないのさみしい。
  
  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月曜日)

エフノク

Photo_3 

告白にみみかたむける北の鳥

| | コメント (5) | トラックバック (0)

エフノク81

Photo

  鰯雲平気な顔で生きていく

  【でんでらでんけんエフノク】

  <鰯雲>

  空一面の鰯雲
  巻積雲(けんせきうん)をいわし雲とかうろこ雲とか
  さば雲とか呼びます
  巻雲と巻積雲が現れると天気が悪くなる前触れとか
  明日の天気はどうなるでしょう

  撮影場所:三浦
  撮影日:2009年9月10日

  いろんなことがうまくいかない時青空だと気分がよくなります
  顔を上にあげると気持ちも持ち上げてくれるんでしょうか
  きりきりに巻かれたゼンマイがふっと緩むよう
  青い色が前向きにしてくれるのかも
  へこんだ時は空を見上げましょう
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日曜日)

エフノク

Photo_2

太陽の刻印うごく冬麗

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エフノク82

Photo

  鳥鳴くと波の生まれる海はゆりかご

  【きばらんばエフノクから】 

  <波生まれるところ>

  水鳥たちが水に浮いて休んでいます
  人の姿を見ると少しずつ移動していき
  海の上まで近づけないのに鳴き交わして
  遠くへ去っていきました
  小さな波が生まれました

  撮影場所:大村湾
  撮影日:2009年1月30日

  

  1月の長崎は曇りの日が多く(ような気がする)
  気温が上がらない日が続きます
  重たい雲と同じくらい重そうな海
  そんな冷たい海に浮かんでる渡り鳥たち
  渡り鳥はもっと寒いところから飛んでくるので
  寒さを感じないんでしょうか
  
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土曜日)

エフノク

Photo

殻の中無数のの奏でし音

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エフノク83

2

  冬日和海の匂いのマフラー巻く

  【いんだいてエフノクから】

  <海の匂い>

  小さな漁村を歩いてみました
  天気はいいけど風は冷たい・・・
  でもその冷たさも気持ちいい
  堤防に小さな梯子があちこちに立ててあります
  これで堤防に上って海の様子を確認するんでしょうか

  撮影場所:大村
  撮影日:2009年1月16日

  地図で見ると大村湾の一番南側になる小さな漁港
  いくつも小さな漁港があり名前がついてますが
  なかなか覚えられません
  海辺の町は穏やかで暖か
  それでも冬の潮風は冷たい
  
  
  
  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金曜日)

エフノク

Photo_2

薪小屋に冬をぬくめる年輪並ぶ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エフノク84

Photo

  てのなかに檸檬をのこし去りし人

  【いんだいてエフノクから】

  <檸檬>

  友人が檸檬を持ってきてくれました
  なんて爽やかな香り
  香りはいろんなことを思い出します
  友人と話した懐かしい話と連鎖して湧いてくる記憶の奔流

  撮影場所:三浦
  撮影日:2009年1月27日

  家の中で檸檬の写真を何枚か撮りましたがなにか違う
  外はしとしと雨が降ってますが海まで行ってみました
  冷ややかな雨の中に置くと
  そこからはじまりそうな檸檬の物語
   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木曜日)

エフノク

Photo_2

国境ない空を自在に冬の雲

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エフノク85

Photo

  光の波が跳ね返る七月の青

  【しゃっちがエフノクから】

  <青の波長>

  太陽の白色の光の反射で人間にはいろんな色が見えます
  青の波長は短いので散乱しやすく空にたくさん散らばり・・・
  空は青いのではなく青と認識しているだけ・・・・
  だんだんわからなくなってきました
  夏の色を楽しみましょう
  黄色い花と青い空青い海白い雲
  人間の目は1000万の色を識別できるそうです

  撮影場所:大村湾
  撮影日2008年7月22日

  大村湾を彩る夏の花ハマボウ
  黄色い花は一日で萎みますが次から次に花を咲かせます
  急に長崎が南国のように思えてきました
  黄色い花と青い空いい組み合わせです
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水曜日)

エフノク

Photo_3

椅子を置く落ち葉の上の教室

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エフノク86

Photo

  駆けていく海への道を一直線

  【エフノクって?から】

  <一直線>

  田んぼがあって電柱があってその先に海がある
  まっすぐな道を駆けてるのは気持ちだけで
  あんまりにも暑くてゆっくり歩いていきました

  撮影場所:三浦
  撮影日:2007年8月7日

  海が見えると走りだしたくなる夏の日
  子供の頃泳いだのはどの辺りだったのでしょうか
  泳いだといっても水遊び程度ですが海水浴です
  大村湾は海水の出入りが2か所だけなので水の
  入れ替わりが少なく浄化しにくい環境にあります
  走って海まで泳ぎに行きたくなる青い海へダッシュです
  
  
   
   
  

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火曜日)

エフノク

Photo

目が覚めた活字の匂う図書館

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月曜日)

エフノク

Photo

夕焼けの木霊響かせ寒硝子

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エフノク87

2

   ばらばらにパーツ動かす河口の木

   【おっとろしかエフノク】

   <河口の木>

  潮風に枝が思い思いに揺さぶられてます
  同じ種類の木が2本
  樹形は横に広がってます
  この木が何という木なのかまったく分かりません
  木の下には船が数艘繋がれてます

  撮影場所:河口
  撮影日:2008年2月1日

  何回もこの場所に行ってますが大村湾に流れ込む
  この川が郡川だと最近知りました
  頭の中の地図に書き込んでおきましょう  
  こうして振りかえってみると木の名前が
  とても気になってるようです
  
  
    

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日曜日)

エフノク

Photo_3

冬の日の骨格標本メタセコイア

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エフノク88

Photo_2

  海沿いを走る列車も空の

  【エフノクって?から】

  <青列車>

  大村湾沿いを単線の列車がのんびりと走る大村線
  海も空も列車も青い暑い夏を盛り上げます
  この列車は佐世保に向かって走っていきました

  撮影場所:大村
  撮影日:2007年8月7日

  いつも何気なく通り過ぎていた場所
  いつもさりげなく見上げていた空
  いつも通過する音だけ気になっていた列車
  意識しないと見えてこない風景
  意識すると急に得した気分になりました   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土曜日)

エフノク

Photo

空の下だれかとつながるでんきんばしら

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エフノク89

2

  太陽を追いかける青春ボート

  【はらかいてエフノクから】

  <大村高校漕艇部>

  日没に向かう太陽に向かってボートが漕ぎ出しました
  力強い腕があっという間にボートを進めます
  青春ボート、何かに夢中になれるきみたちの時間
  通りすぎいくきらめきの瞬間
  海は鏡のように凪いでいます

  撮影場所:大村湾
  撮影日:2008年12月2日

  海沿いの高校にある漕艇部
  なんとなくいつも見てると潮が満ちてないと
  ボートが漕ぎ出せない様子
  なるほど・・・陽が沈むころに漕ぎ出すのは
  そういう理由でしたか
  潮の干潮を把握してる高校生はそういません
    
  
  
    
  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金曜日)

エフノク

Photo_2

冬巡り時計回りに歩く人

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エフノク90

Photo

  空間に列車の来て夏停まる

  【エフノクばってんから】

  <駅>  

  ぽっかり開いた空間から階段と青空が見えます
  ときどき青と赤の列車も来て停まります
  愉快なそしてしずかな駅です

  撮影場所:千綿駅
  撮影日:2007年9月10日

  大村湾沿岸の駅千綿駅
  ここからは見えませんがホームの向こうは海
  待合室に入ると夏の海の匂いがします
    

  

    

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木曜日)

エフノク

Photo

凍ったハートとけていく雪の女王

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エフノク91

2

   ときめきへ青い列車弧を描く

  【えすかーエフノクから】

  <青い列車>

  通るたびにこの場所で写真を撮ったらいいなあと
  思っていてはじめて車を停めてカメラを構えたら
  ガタンゴトンと列車の音が聞こえてきました
  なんて幸運!
  思ってたようには撮れませんでしたが
  青い列車が映ってることがすごい!
  列車はこれからトンネルへ入って行きます

  撮影場所:大草
  撮影日2008年4月30日

  青い列車は大村湾沿岸を走ってます
  複雑な長崎県の形をさらに複雑にしてる大村湾
  大村湾といっても地図で見ると湖のように見えます
  常に対岸が見えているので湖のようですが塩水
  家から一番近い海なのでなんとなく行ってしまいます
  波が穏やかで空港があるので飛行機も飛んでくるし
  夕日も美しく心落ち着くところです
  
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水曜日)

エフノク

Photo_3

天空のことだま白く雪になる

| | コメント (5) | トラックバック (0)

エフノク92

Photo_2

  こんな世界の片隅でラブアンドピース

  【もってこーいエフノクから】

  <らぶ蝶>

  翅を開くとオスとメスがわかるのですが
  閉じてるとどっちがどっち?
  カメラで数センチまで接近しましたが
  うつくしい世界は動じることもなく
  撮影が終わってもラブアンドピースは継続中でした
  蝶から目を離すとすぐにどこにいたのか
  場所が分からなくなりました

  撮影日:2008年3月22日
  撮影場所:春の野原

寒い日が続くのでホットなエフノクを選んでみました
あんまり小さいので意識しないと見えないツバメシジミ
1cm~2cmほどの小さな蝶です
昆虫を見てると小さくても真剣に生きてる
そうかそうか~よしよしと感心してしまいます
  
   

  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火曜日)

エフノク

2_2

落ちてくる雪の一片待つ大地

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エフノク93

2

  腕ひろげ鳥のねぐらになりたい樹

  【きばらんばエフノクから】

  <鳥のねぐら>

  大きな樹に近づくと鳥たちが逃げ出しました
  葉を落とした樹は鳥のねぐらになっているようです
  枝先をひろげて冬を抱きしめてるような裸木
  鳥も抱きしめてました

  撮影場所:諫早

  撮影日:2009年1月24日

樹形を見て何の木かわかるといいのですが
葉を落とした手前の2本は何の木でしょう
木肌が椋(むく)のように筋が入ってなく
なめらかなので榎(えのき)かもしれません
榎がどんな木なのか実際に見たことないのです

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月曜日)

エフノク

Photo_2

霧のこえ海にただよう冬の朝

| | コメント (3) | トラックバック (0)

エフノク94

2

  四方から色なき風の撫でてゆく

  【どげんもこげんもエフノクから】

  <色なき風>

  秋の風が大きな樹のまわりを吹き抜けていきます
  実りはじめた稲を揺らし大きな樹の梢をくぐり
  彼岸花についた雨粒を落とし大きな樹肌を撫でます

  撮影日:2008年9月28日

  撮影場所:仲沖

色なき風は秋の季語で季語辞典でこの言葉を見つけた時
感動してしまいました
こんな洒落た言葉が季語!?
絶対使ってみたいと思いました
色がないってことは何色なんでしょうね
色を限定してないで秋の色を表すって日本語ってスゴイ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日曜日)

エフノク95

2

  彼方から微粒子ふりそそぐ冬

  【はらかいてエフノクから】

  <冬の空>

  

  苅田の線がまっすぐで青い空まで続いています
  空気が澄んで空からあたたかな何かが降ってきています
  平等に山にも田んぼにも大きな木にも人間にも
  しあわせな12月のある日

  撮影場所:田んぼ

  撮影日:2008年12月1日

エフノク96とほとんど同じ場所から撮った冬の風景
遠くに見えてるのは佐賀との境界線、多良山系の山並み
まだ木の葉が落ちてないので寒さはこれからやってきます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土曜日)

エフノク96

2

  永遠を水に沈める地球星

  【こまんかエフノクから】

  <永遠>

  太陽系が誕生して100億年
  100億年は永遠か?
  地球が誕生して50億年
  50億年は永遠か?
  人類が誕生してから500万年
  500万年は永遠か?
  自分の感覚でいくと生きてる時間でしか計れない
  ほんの80年
  目眩がするくらいの時間
  永遠は約束できない

  撮影場所:水田

  撮影日:2008年6月22日

お気に入りの場所に春が来て田んぼに水が入りました
青空だったらどんな風景なんでしょうね
田んぼの水鏡が見られるのはほんの少しの期間
ちょうど梅雨の頃です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金曜日)

エフノク97

Photo

  輪郭をなぞるゆびさき秋の雲

  【エフノクばってんから】

  <雲・・・雲・・・樹>

  撮った時は樹ばかり見てましたが
  みごとな雲が写ってました
  秋風に吹かれてめまぐるしく動く雲

  撮影場所:仲沖

  撮影日:2007年9月8日

  

ここはお気に入りの場所で
田んぼの中に残ってる大きな樹が6本ほど
楠(くすのき)と榎(えのき)か椋(むく)
いつも榎か椋か解明しようと思うんですが
この場所に行くとそんなことはどうでもいいように
思えていまだにはっきりとしません

  

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木曜日)

エフノク98

2

   行過ぎる雲に手を振る風の番人
 

  【どげんもこげんもエフノクから】

  <風見蛙>

  台風13号は遠く南の海上を北上中
  風の番人の蛙ははるかな台風に手を振りました
  グッバーイ~~
  風が吹くとくるくる回って忙しくなるところでした

  撮影場所:西の番所

  撮影日:2008年9月18日

今日もカエルつながりです
何カエルかわかりませんが実物はキモカワイイカエルさん
いつも手を振ってくれるので可愛いと言いたいけど言えない
カエルって何本指ですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 6日 (水曜日)

エフノク99

Photo

  重なりは宇宙の層秋のばら

  【しぇからしかエフノクから】

  <薔薇と蛙>

  ピンクの層に包まれた雨蛙
  警戒心たっぷりな視線を向けてます
  花を揺らしてしまったのでおかんむり?
  ふんわりやわらかな香りの中でうたた寝を
  起こしてしまってごめんね
  秋薔薇の花びらの重なりは神秘的
  熟睡する時は深いのでもっと中まで入り込んでください

  撮影場所:秘密の花園(庭です)

  撮影日:2008年10月23日

昨日とアマガエルつながりです
2mほどあるバラの花びらまでよじ登ってきたアマガエル
ガッツのある顔つきです
庭にはたくさんのアマガエルがいるんでしょうがなかなか
花の中にいるところには出会えません
カメラ目線なのは演技力ではなく警戒してます
カエルには演技力はまったくありません

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 5日 (火曜日)

エフノク100

Photo_2

   てのひらににぎれるほどの純情

   【エフノクの写真から】

   <牡丹と雨蛙>

   牡丹の花びらの中にアマガエルが潜り込んでいます
   よくよく見たら目が十と十
   もしかして寝てるんでしょうか
   いい夢見れたらいいね♪

   撮影場所:庭

   撮影日:2006年4月20日

あけましておめでとうございます
カメラが壊れ年末年始忙しかったのでお休みしてしまいました
突然の休業に戸惑わせたり心配かけてしまってごめんなさい
励ましのコメントもありがとうございます
つまづいたり転んだり凹んだりへこんだりですが
今年もよろしくお願いします
あっという間に2010年1月5日・・・
時間は確実に過ぎていってしまいます
まだカメラの修理はできてません あらら年末年始は何かと混雑
それでこれまでのエフノクから100句ほど選んでみました
以前休んだ時に選んでいたのですがさらに選抜。。。
写真がどこにあるのか整理整頓が苦手で探せないのがあるんです
・・・ので厳選につぐ厳選です
 またお付き合いよろしくお願いします

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »