« エフノク | トップページ | エフノク »

2010年1月12日 (火曜日)

エフノク93

2

  腕ひろげ鳥のねぐらになりたい樹

  【きばらんばエフノクから】

  <鳥のねぐら>

  大きな樹に近づくと鳥たちが逃げ出しました
  葉を落とした樹は鳥のねぐらになっているようです
  枝先をひろげて冬を抱きしめてるような裸木
  鳥も抱きしめてました

  撮影場所:諫早

  撮影日:2009年1月24日

樹形を見て何の木かわかるといいのですが
葉を落とした手前の2本は何の木でしょう
木肌が椋(むく)のように筋が入ってなく
なめらかなので榎(えのき)かもしれません
榎がどんな木なのか実際に見たことないのです

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

エフノク100」カテゴリの記事

コメント

>枝先をひろげて冬を抱きしめてるような裸木
  鳥も抱きしめてました

このフレーズ良いですね
さすが、エフさん、言葉選びが抜群に素晴らしいです。


☆わんちゃんさん
えへ。ありがとうございます
寒いと寄り添ってるような生き物たち
人間もその輪の中にいつまでも入っていられますように。
寒いと温もりが恋しいですね
いつもあたたかなコメントありがとうございます

投稿: わんちゃん | 2010年1月13日 (水曜日) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/32961566

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク93:

« エフノク | トップページ | エフノク »