« エフノク88 | トップページ | エフノク87 »

2010年1月17日 (日曜日)

エフノク

Photo_3

冬の日の骨格標本メタセコイア

|

« エフノク88 | トップページ | エフノク87 »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

おお、堂々たる落葉の大樹
冬の透明な大気に屹立するさまは
神秘とロマンを想起させますね。

☆grassmonblueさん
おはようございます♪
大きな樹って気持ちいいですね
敷地が広かったら家に植えたいものです
生きてる間には大木にならないでしょうが
魅力的な考えです
銀杏とかメタセコイアとか栃とか朴とか

投稿: grassmonblue | 2010年1月17日 (日曜日) 22時48分

これが生きた化石といわれるメタセコイヤですか、スギ科だそうですが、枝の出方は銀杏のようですね、堂々たる樹形で、こういう大木を見ると畏敬を感じます。


☆kazutyanさん
こんばんは♪
夏の間はほとんど気に止めてないのですが
冬になると視野に入ってくるメタセコイア
結構成長するのが早いようです
まだ生きてるのに骨格標本はないでしょうと
メタセコイアが怒ってるかもしれませんね

投稿: kazutyan | 2010年1月18日 (月曜日) 18時49分

「冬のソナタ」で、雪の中を自転車に乗るシーンがあるのですが
その雪景色の中の並木がメタセコイアなんですよね。

☆わんちゃんさん
メタセコイアの並木綺麗ですよね
雪で白一色だとロマンの世界
一度経験してみたかったシーンですが
雪の中で自転車に乗ったことありませんが
ロマンチックそうで危ないような・・

投稿: わんちゃん | 2010年1月19日 (火曜日) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/33021628

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク88 | トップページ | エフノク87 »