« エフノク94 | トップページ | エフノク93 »

2010年1月11日 (月曜日)

エフノク

Photo_2

霧のこえ海にただよう冬の朝

|

« エフノク94 | トップページ | エフノク93 »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
空と海の境界がなくなって、陸だけが浮遊してるような・・・
霧に遭遇すると何故か興奮してしまう(笑)
今年もよろしくお願いします。

☆ホセさん
あけましておめでとうございます♪
どうやら同じ血が流れてるようです
台風、雪、霧などなど大自然の神秘には
興奮してしまいますね
見えない大きな力を感じてるんでしょうか
それとも子供っぽいだけ?!
今年もよろしくお願いします

投稿: ホセ | 2010年1月11日 (月曜日) 22時49分

水墨画のような、でも西洋画のような…
一種独特の世界ですね。
すてきだなあ…。

☆TOOLKITさん
こんばんは♪
冬の霧の日はモノクロームの世界
朝から霧が出てると写真を撮りたいと
張り切るのですがさてどこを撮る?
悩んでるといつもすぐに霧は雲散霧消・・・
昨日は海へ行ってみました
霧で対岸が消えレトロな写真のようでした

投稿: TOOLKIT | 2010年1月12日 (火曜日) 11時08分

音も色も消して、時間も止めて一枚の絵になったような景色ですね。

なにごとも なきことのよう 霧つつむ

☆kazutyanさん
こんばんは♪
そうそう音も消えてしまってました
霧に包まれてしまったのでしょうか
静寂の世界は時間も動いてないでしょう
海から船が勢いよく港に戻ってきたので
時間を早回ししたようでした

   問いかけを白く包んで冬の霧

投稿: kazutyan | 2010年1月12日 (火曜日) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/32947615

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク94 | トップページ | エフノク93 »