« エフノク5 | トップページ | シラホシカミキリ »

2010年5月30日 (日曜日)

エフノク

Photo

土蛙清和の空を浮遊する

|

« エフノク5 | トップページ | シラホシカミキリ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

蛙の跳躍力をもってしても叶わぬがゆえに
空を見上げることで浮遊する。
空色の水面から。
そして
井の中から大いなる浮遊を始めるのでした。


☆grassmonblueさん
こんばんは♪
むむむむむ・・・このメダカ鉢に棲んでるのかと
思ってましたがひょっとして出るに出れない?!
今日もぷかんと浮いてたけど途方に暮れてた
のでしょうか?
大いなる浮遊は絶体絶命のピンチだったのか
明日救助の手を差し伸べます

投稿: grassmonblue | 2010年5月31日 (月曜日) 18時50分

かーわーいーいー。
カエルだ。
実は、カエル、好き(言っちゃった!)です。
触れないけど、かわいい~と思います。

まさにプカンプカンと浮かんでいますね。
おなかの中に沢山空気を吸い込んで、宇宙遊泳。
楽しそう!

☆aniseさん
カエル触れませんか?
触ってみるとそう気持ち悪くないかも
アマガエルくらいならオッケーです
このカエルはちょっと大きいゾー
軍手をはめたら触れるでしょう
今日も宇宙遊泳してたけどここに
棲んでるのか入ってみたが出れないのか
明日確認してみます

投稿: anise | 2010年5月31日 (月曜日) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/34961090

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク5 | トップページ | シラホシカミキリ »