« ツマジロエダシャク | トップページ | エフノク »

2010年7月 5日 (月曜日)

エフノク

Photo_5

声もなく鳴く猫さみし梅雨曇り

|

« ツマジロエダシャク | トップページ | エフノク »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

興味津々の目つきですね!。
まだ若い猫さんなのかな?
この後ダッシュしたか、ごろんと寝そべったか…。
色々想像してしまいます(笑)。

☆TOOLKITさん
おはようございます♪
ようやく玄関から出てきたと思ったらまた家の中に
入ってしまいました
まだ子猫の面影を残してましたが好奇心より
シャイさと警戒心が勝ったようです
食べたりしないから出ておいでと言ったんですが
更に恐がらせたかも・・・

投稿: TOOLKIT | 2010年7月 5日 (月曜日) 23時32分

好奇心と警戒心が錯綜している感じですね、猫には猫好きの人と猫嫌いの人を見分ける能力があるようです。

☆kazutyanさん
こんばんは♪
玄関のドアから離れられない様子の猫
賢そうな顔をしてるので魂胆が見え見え?
嫌われるようなことは何もしてないのですが
家の中に戻ってしまいました
ということはどーゆーこと?

  

投稿: kazutyan | 2010年7月 6日 (火曜日) 17時39分

早く梅雨が明けないかな~って
猫も湿度の高いこの時期は苦手なんでしょうね。
それにしても、いい顔してる猫ちゃんだこと!


☆ホセさん
こんばんは♪
猫は水に濡れるのが嫌いでしたね
外に出たくなかったんでしょうか
黄色い首輪がよく似合ってました
ちょっとでいいから撫でて上手投げを
試してみたかった・・・

投稿: ホセ | 2010年7月 6日 (火曜日) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/35648860

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« ツマジロエダシャク | トップページ | エフノク »