« エフノク | トップページ | エフノク »

2010年11月 9日 (火曜日)

ホソミイトトンボ(越冬型)

Photo

カトリヤンマのメスを追いかけまわして、さて帰ろうと

川の方に向かうと何かが飛びました

細くて長いイトトンボのホソミイトトンボ

<細身糸蜻蛉>    イトトンボ科

体長28~31mm

このイトトンボはこの姿で冬を越そうとしてます

Photo_2

トンボは夏の昆虫のようですが冬を成虫で過ごす

辛抱強いトンボが日本には3種います

その中のひとつがホソミイトトンボです

春先には鮮やかな青色に変身しますが冬を越すには

地味な色が目立たなくて安全です

Photo_3

目玉も茶色、目玉と目玉の間の眼後紋も茶色

夏から秋に羽化した成虫は林周辺で食べることに

専念して寒さの厳しい時期は風の当たらない

日当たりのよいところで過ごします

真冬のその姿は見たことないですが寒そーーー

Photo_5

じっとしてると探すのは難しい

成虫で越冬するホソミオツネントンボの越冬型も

地味な目立たない色をしてます

関東以西の本州、四国、九州に生息します

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

コメント

糸トンボは飛んでくれないと見つからないですよね…(汗)。
そして一匹見つかると次々に見えてきます。
遠くから望遠で撮るのも難しいしので、結構撮影が難しいですね。
…直ぐ近くにまで寄れる場所なら良いんですけどね…。

☆TOOLKITさん
おはようございます♪
イトトンボは小さいし細いしなかなか見えませんが
見つけると魅力的なトンボですよね
あんまり遠くまで飛べないしそのくせ獰猛で
気が強くてやんちゃそう
そろそろトンボの季節は終わってしまいますね
昆虫たちも冬籠りの季節で寂しいです
来年はばっちり撮影できるといいですね

投稿: TOOLKIT | 2010年11月10日 (水曜日) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホソミイトトンボ(越冬型):

« エフノク | トップページ | エフノク »