« アオイゴケ | トップページ | ホソアナアキゾウムシ »

2011年5月24日 (火曜日)

エフノク

Photo_6

1ページ目世界の果てに旅に出る

|

« アオイゴケ | トップページ | ホソアナアキゾウムシ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

学生時代を思い出しました。
同じようなところで読書というより教科書をめくっていました。
旅に出るどころか、進級試験に振り落とされないように。
というわけです。


☆grassmonblueさん
こんばんは
勉強してる学生さんもたくさん見かけます
漫画を読んでる人、雑誌を読んでる人、
寝てる人だっています
私も図書館で勉強してればもう少し賢くなってた
かもしれませんね
間違えたカモ。。。

投稿: grassmonblue | 2011年5月25日 (水曜日) 15時02分

本は旅の入り口ですね。
いろんなところへ自由に行ける。
時間の壁もひとっ飛び。
不思議の世界にも行けちゃうよ。
ずっと前、文庫本のキャッチコピーで
「想像力と数百円」というのがあったかとおもうのですが、
本当に、文庫本ならたったの数百円(+想像力)、
ハードカバーでもせいぜい千円台で
どこにでも自由に行けるのかと思うと、本ってすごい!と
思います。


☆aniseさん
こんばんは
人間の想像力って素晴らしいですね
物語を紡げる人って尊敬します
文章の書ける人にも憧れます
『想像力と数百円』糸井さんでしたっけ?
今更ながらうまいコピーですね~~
子供の頃は学校の図書室に入り浸り
大人になっても図書館通い。。。
これが勉強に結びついてたらもうすこし
まともだったかも
勉強とは関係ない本ばかり好きでした
今も成長ないのがちょっと悲しい

投稿: anise | 2011年5月25日 (水曜日) 21時22分

こんにちは!何気ない日常の一コマですね。若い時は本の虫にはなれず、お日様と一緒に外で遊んでばかりでした。気がついた時は老眼にeyeglass、、、でもこうしてパチパチ、キーを打ちながら、本はやっぱりbook紙がいいです。電子本はどうなんざんしょ?!ページをめくって、栞をはさんで、続きは明日に~なんて・・・。絶版なんて聞くと無性に手元に置きたくなったり。印刷の質感も背表紙の字体も挿絵も・・・楽しみはいっぱいありますよね。この前ふらっと入った古本屋さんに半世紀も前の恩師の本を見つけ即購入、申し訳ないほどの安いプライス!セピア色の本は宝物になりました。


☆チョロピコさん
こんばんは
活字の本はいいですね
電子書籍は読んだことありませんがアナログ
人間なので活字から離れらそうにありません
本という形式に馴染んでしまってます
手にとって重さを感じたい
栞って言葉もいいですね
すぐに栞のテーマって曲が頭に浮かびます
その栞じゃなかったかも。。。
古本屋さんで見つけた恩師の本って
素敵な出会いですね
持ってることで豊かになれる本当に宝物ですね

投稿: チョロピコ | 2011年5月26日 (木曜日) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/40118276

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« アオイゴケ | トップページ | ホソアナアキゾウムシ »