« イタヤハマキチョッキリ | トップページ | ヤマボウシ »

2011年6月26日 (日曜日)

エフノク

Photo_6

窓を打つ雨の連弾ふかく梅雨

|

« イタヤハマキチョッキリ | トップページ | ヤマボウシ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

雨は降っても安全な室内にいるから大丈夫、というシチュエーションが
実はとても好きです。
中学生の頃、「大草原の小さな家」シリーズを読みました。
(NHKでもドラマをやっていました。小さな女の子ローラが主人公の、
アメリカの西部開拓時代のお話)
外には野生のオオカミやなんかがいて怖い夜も
お父さんをはじめみんなが家にいて鉄砲もあるから大丈夫。
きれいに掃除した室内では暖炉がパチパチ燃えて、快適で幸せな時間。
その記憶がすごくあるからでしょうか、そんな風に思うのは。

左端の子、勉強に飽きちゃったのかな。
坊主頭がかわいいですね。

☆aniseさん
こんばんは
『大草原の小さな家』いいドラマでしたね
女の子が草原を走ってくる映像を思い出しました
古き良き時代のアメリカ
あの頃のお父さんは強くてお母さんは暖かくて
家族は一緒に過ごすことが当然で外には
オオカミがいる
子供の頃に観たテレビの影響って大きいですね
昭和の日本ものんびりしてましたね
坊主頭の男の子たち図書館の閉館ギリギリまで
勉強してました 宿題かな
エライゾ~~

投稿: anise | 2011年6月27日 (月曜日) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/40560328

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« イタヤハマキチョッキリ | トップページ | ヤマボウシ »