« エフノク | トップページ | エフノク »

2011年6月 7日 (火曜日)

ヒメウワバミソウ

Photo_5

蕾と花のようですが花と呼ぶには目立ちません

<姫蟒蛇草>   イラクサ科

草丈30~50cm

雌雄異株

雄株は集形花序で雄花序には柄があり花被は4個、

オシベは4個

雌株は球形花序で柄がなく花被は3個で褐色

花期は4~6月

Photo_6

葉は互生し斜卵形~斜長楕円形

長さ25~55mm

鋭鋸歯は3~5個で先端は長く尖ります

Photo_7

うわばみって聞いたことあるけどなんでしたっけ?

大蛇のことでした(大酒呑みもうわばみと呼びます)

ジメジメした薄暗い大蛇の棲んでそうなところに生える

ことから名付けられました

ウワバミソウより小さいのでヒメウワバミソウ

ウワバミソウもヒメウワバミソウも山菜として食べられるトカ

関東地方以西の本州、四国、九州に自生します

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

山草原植物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/40304229

この記事へのトラックバック一覧です: ヒメウワバミソウ:

« エフノク | トップページ | エフノク »