« タニタデ | トップページ | オオボシオオスガ »

2011年8月17日 (水曜日)

エフノク

Photo_4

書庫の海ふかく潜りて少女

|

« タニタデ | トップページ | オオボシオオスガ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりでございます^^
写真ブログも、本・映画ブログも、マイペースで更新しています。

この句、私、好きです。
好きな世界観といったほうがいいのかな。
そしてやっぱりこういう時は、少女がいいですよね。
なんでだろ。
女学生(←古っ)って、それだけで奥行きがグッと深まりますよね。


☆Rieさん
はーいごぶさたしてました
お元気そうでなによりです
いつも行く図書館の2階へ行ってみると古い本や
資料がありました
そこは少年少女ばかり勉強してました
後姿を撮ろうとしたら少女が振り向きました
雑念が集中を途切らせてしまったようです
女学生、女子高生、やっぱり少女ですね

投稿: Rie | 2011年8月18日 (木曜日) 11時20分

エフ様
ドルメンの件残念でしたね。諏訪の池から10分ほどだったのですが。道が少し分かりにくくて。日本最大の支石墓群だそうです。
縄文~弥生時代の大きな集落があったのでしょうが、開拓地であったため、破壊されたのではないでしょうか。
まだ、文化財に対する理解がない時代でしたから。残念です。

☆sugikanさん
こんばんは
名前がありませんがもちろん誰だかわかります
ドルメンは支石墓でしたね
そうですか日本最大でしたか
古代にはそこで儀式を執り行ったのでしょうか
なんとなくイメージはイギリスのストーン・ヘンジ
次回行く機会があったら今度こそ道を探して
行ってみたいものです

投稿: | 2011年8月18日 (木曜日) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/41251559

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« タニタデ | トップページ | オオボシオオスガ »