« ハチノジクロナミシャク | トップページ | ツルギキョウ »

2011年10月17日 (月曜日)

エフノク

Photo_4

牛膝(いのこずち)ひっついたまま夕暮れる

|

« ハチノジクロナミシャク | トップページ | ツルギキョウ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

「いのこずち」がひっついたままおうちに帰って、電灯の下で見て初めて気づくんでしょうか。花ってあんなんなのですね。ぜんぜん花だとわからない。

☆たびたまさん
こんにちは
イノコズチは下の方から上に動くと面白いくらいに
というか悲惨なくらいいっぱいひっつきます
これを取る時も向きを間違えると繊維の糸を
引っ張って大変なことになります
なぜか草むらに入る時はひっつきやすい素材の
服を着てる時が多いです。。。
困ったものです
花が咲いてることに気づきにくい花もありますね
視覚に頼ってない花でしょうか

投稿: たびたま | 2011年10月17日 (月曜日) 22時52分

方言「ひっついた」は私の所でも使っています。
ネコが時々ひっ付けて帰ります。


☆あんしゅうさん
こんばんは
ひっついたは方言ですよね?
イノコズチやオナモミやセンダイソウなど
服などにくっつく種のことを“ひっつき虫”と
呼ぶのでひょっとしたら標準語?
ひっつくは標準語でひっついたは方言かな~
ラジオで方言で俳句を作る番組があってたのですが
何と言ってるのか聞きとれないところもありましたが
とってもあたたかくて声で聴くのもいいものですね

投稿: あんしゅう | 2011年10月18日 (火曜日) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/42562440

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« ハチノジクロナミシャク | トップページ | ツルギキョウ »