« ギンリョウソウモドキ | トップページ | ハムシダマシ »

2011年10月20日 (木曜日)

エフノク

Photo_5

秋風に抜きつ抜かれつ一輌車

|

« ギンリョウソウモドキ | トップページ | ハムシダマシ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

かわいい一輌車! ごっとんごっとん行くんでしょうか。
あの絵は、ターバンを巻いたインド人…ではなくて、赤ちゃんをおぶって子守している人かな? 姉さんかぶりじゃなくて、こういう頭の包み方は何ていうんでしょう。昔の女の人は、よくこうやっていましたね。(カーラーを巻いた上からとか)

モンゴルの定食は、ほとんど「ごはん、肉、野菜」の組み合わせで、凝った味つけとかしないので、「きょうのおかずは何かな~?」ってあまり期待しなくなります。ダイエットにいいかもしれません。

☆たびたまさん
おはようございます
島原鉄道のマスコットガールは“島原の子守唄”
の子守り娘?
正確にはなんと呼ばれてるのかわかりませんが
列車にもバスにも印刷されてます
頭は手拭でまとめてあります
何と呼ぶのか名前があるとは思ってませんでしたが
姉さんかぶりかもしれませんね

モンゴルはシンプルな国のようですね
至れり尽くせりの日本とは大違い
子供たちも逞しく育ちそうな気がします
コメントありがとうございます

投稿: たびたま | 2011年10月20日 (木曜日) 23時09分

いつも思うのですが、
エフさんのところって、
可愛らしい電車やバスが多いですよね!
絵本の世界を見ているようで、
ニッコリしてしまいます^^


☆Rieさん
長崎は長閑な所なのでたくさんのバスや列車が
あるわけじゃありません
だから可愛く見えるのは風景の中のバスや
列車なのかもしれませんね
田園風景の中のバスとか海辺の列車とか
地元に人にすると便数が少なくて不便な
交通機関ですが頼りにしてる足でもあります
車ばかりじゃなくて時々利用しないといけませんね

投稿: Rie | 2011年10月20日 (木曜日) 23時24分

ああそうか!
「おーどーみゃーしーまばらーのー」
って、あの子守歌ですね。
長い間忘れていました。懐かしい!


☆たびたまさん
こんばんは
そうそう!その島原の子守唄です
島原と天草はとっても近いしその昔は
ちょっとの間長崎県だったこともあるとか
思いだしてもらえてよかったです

投稿: たびたま | 2011年10月22日 (土曜日) 13時43分

何度も同じところにコメントしてごめんなさい(笑)
美輪明宏さんの伝記に、長崎の実家のカフェに島原や天草から貧しい農家の娘たちが出稼ぎに来ていたという話が書いてあります。徳川幕府ともいっしょに闘ったし。仲間ですよね。

そうそう島鉄といえば、島鉄フェリーにも何度か乗りましたよ。上陸してからが長い旅なんですよね~。

☆たびたまさん
こんばんは
コメント大歓迎です
三輪さん!長崎出身でしたね
地図で見ると島原と天草はすぐ近く
買い物は島原に行ってたと天草の人に
聞いたことあります
船なので熊本より島原の方が近いのだとか
島鉄バスにも島鉄にも乗ったことあるけど
島鉄フェリーはまだ乗ったことない・・・

投稿: たびたま | 2011年10月24日 (月曜日) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/42611250

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« ギンリョウソウモドキ | トップページ | ハムシダマシ »