« オナガアカネではなくマイコアカネでした | トップページ | マキエハギ »

2011年10月27日 (木曜日)

エフノク

Photo_4

遠い日の誰かの声を運ぶ秋

|

« オナガアカネではなくマイコアカネでした | トップページ | マキエハギ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

渚のこのいすに腰掛けると、記憶にない母の声が
聞こえてくるような。

☆あんしゅうさん
おはようございます
小さな砂浜の監視用の椅子
風に飛ばされないように括りつけてありました
盗難防止かな
沈む太陽をみてると(写ってませんが)
いろんなことを思い出してしまいました

投稿: あんしゅう | 2011年10月28日 (金曜日) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/42713431

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« オナガアカネではなくマイコアカネでした | トップページ | マキエハギ »