« エフノク | トップページ | エフノク »

2011年10月27日 (木曜日)

オナガアカネではなくマイコアカネでした

Photo

顔が白い赤とんぼ、これはオナガアカネではないでしょうか

<尾長茜>    トンボ科

体長36mmほど

大陸からの飛来種です

迷蝶と呼ぶので迷蜻蛉って呼ぶのでしょうか

マイコアカネは顔が青いです

Photo_8

腹部が赤く胸部は褐色のオス

メスは産卵管が長くて名前の由来の尾長になってます

残念ながらメスの姿はなくオスだけ見つけることができました


Photo_3

場所は長崎県の中央部の海辺の側の湿地

飛来してくるのは9~12月頃

大陸って中国辺りでしょうか

海を越えてくるのはけっこう遠いと思うのですが風に

乗ると速く一気に運んでくれるのでしょうか

(世の中にたぶんたくさん生息すると思われるトンボ博士さん、

正解かどうか教えてもらえるとありがたいです)

迷蜻蛉はハネビロトンボを紹介してます

残念ながらマイコアカネとのこと

顔が白いからって思いこんだらいけませんね

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

トンボの同定は(も)パス!
赤とんぼと言う事で(笑)。
…昔から庶民はそう呼んでいたはず…(爆)…。


☆TOOLKITさん
おはようございます
ナハハ、夕焼け小焼けの赤とんぼ~
赤とんぼっていっぱい種類があって
わかりませんね
長崎は大陸に近いのでこの季節迷蜻蛉が
飛んでくるようです
本能なのか風に飛ばされたのか間違って
日本まで飛んで来てしまった大陸のトンボたち
名前調べも楽しい時間です

投稿: TOOLKIT | 2011年10月27日 (木曜日) 23時17分

深夜に失礼します。
佐世保市のトンボ屋です。

せっかくなのでコメントさせていただきます。^^
このトンボは、マイコアカネ♂の老熟した個体だと思われます。
青い部分も老熟すると白っぽくなってしまう個体が多いです。

それにしても、スナアカネも観察撮影されていて羨ましいですね!

場所はあそこだと思いますが、
もし、支障なければメールで情報をいただけるとありがたいです。^^
では、突然失礼しました。


☆ねぎトロさん
こんばんは
そうか~これはマイコアカネでしたか
残念・・・・
顔が白いだけでオナガアカネだと
思い込んでしまいました
やはりメスを見つけてオナガを証明しなくちゃ
見つけた場所はあそこです、あそこ
スナアカネもあそこにいました
スナアカネは正解?
アメイロトンボも撮影できませんでしたが
あそこにいました
去年だったかな~
今年も飛んでくるかもしれませんね
コメントありがとうございました

投稿: ねぎトロ | 2012年10月 2日 (火曜日) 01時20分

エフさん、ありがとうございます。

やはり、あそこですね!^^
コメントから察しますが、お詳しいですよね、トンボ

そして、答えが見えるヒントの出し方が紳士的ですね!^^

スナアカネは「ビンゴ」です。
珍しいトンボが居た時は、
気が向いたら遊びに来てくださいね!^^v

☆ねぎトロさん
こんばんは
長崎のトンボたちについてもっと
詳しくなりたいのですがなかなか
親しくなれません
なぜならトンボには翅が生えていて
素早く飛ぶからです
水辺で繁殖するッて言うのも困りもの
近づけません
珍しいトンボ情報があったらいいですね
もちろんお知らせしますよ
コメントありがとうございます
追伸
10月3日アドレスにメールを送りました
が届きましたか?

投稿: ねぎトロ | 2012年10月 2日 (火曜日) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オナガアカネではなくマイコアカネでした:

« エフノク | トップページ | エフノク »