« ヒゲナガビロウドコガネ? | トップページ | フモトスミレ »

2012年5月13日 (日曜日)

エフノク

Photo_4

薫風を巻いて揺籃揺すられる

|

« ヒゲナガビロウドコガネ? | トップページ | フモトスミレ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

虫のゆりかごは、縦型ですね。
さわやかなみどりの季節、薫風にゆすられるのは気持ち良いものでしょうね。
さてどんな虫が大人になってでてくるのでしょう。


☆grassmonblueさん
おはようございます
エゴノキにたくさん揺籃が作られていました
誰が作ったのか真剣に探しましたがいなかった。。
どこさんいったとか・・・
オトシブミだと思いますが何オトシブミ?
一番可能性のありそうなエゴツルクビオトシブミを
揺籃にリンクしておきますね
食材で卵を巻いて食材をゆりかごにするなんて
ナイスアイデアですよね
感心してしまいます

投稿: grassmonblue | 2012年5月14日 (月曜日) 22時14分

何だかcamera幸せな画像ですね。
早速pc検索しましたよ、だって興味津々!           それにしてもこの虫さんは自分で作って中に潜っている、、、なんて!私は初めて見ましたよhappy01
エフさんの観察力に拍手!!!


☆チョロピコさん
こんばんは
はーい昆虫の観察をすると面白いですよ
この白い花が咲いてる木はエゴノキ
そこにぶら下がっているのは揺籃(ゆりかご)
揺籃はオトシブミという昆虫が作りました
オトシブミは揺籃の中に1個卵を生みます
卵から孵った幼虫は葉っぱを食べて大きくなります
オトシブミ(落し文)の名前は江戸時代に他人に
わからないように道端に手紙を落して渡した
落し文からきているそうです
いつもコメントありがとうございます

投稿: チョロピコ | 2012年5月15日 (火曜日) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/45248022

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« ヒゲナガビロウドコガネ? | トップページ | フモトスミレ »