« エフノク | トップページ | エフノク »

2012年6月27日 (水曜日)

ムスジイトトンボ

Photo_6

青いイトトンボのムスジイトトンボ

<六条糸蜻蛉>    イトトンボ科

体長32mmほど

広い池で1匹だけようやく見つけました

ムスジイトトンボとセスジイトトンボとオオイトトンボは

よく似ているそうです

まだオオイトトンボは見たことありません

見分けるポイントは胸の黒いスジと眼後紋


Photo_7

矢印の黒いスジのところがムスジイトトンボは黒一本

セスジイトトンボには黒いスジの中に明るい線があります

しかしムスジイトトンボにも短い線があるのもいるようです

ムスジは6本の条紋があるからということですが

うーーーん無条と思ってました。。。いったいどこが6本なんだ?

Photo_8

眼後紋は眼の後ろにある青い点

こんなところになぜこんな紋があるのか?よくわかりませんが

ここで見分けることができるってことは神さまが付けた印?

にわかせんべいの目のような点と点

眼後紋、ムスジイトトンボは細くて小さい、

セスジイトトンボは小さい三角形、

オオイトトンボには眼後紋を結ぶ線があります

セスジイトトンボは緑がかった水色のトンボで

ムスジイトトンボは水色のトンボ

海に近い池で見つけました

池、沼、溝川などに棲んでいます

出現期間は4月~11月

本州、四国、九州に生息します

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

蜻蛉」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

う~ん。
頭がこんがらがってきました。
細かいところを見分ける作業。
お手上げでございます。
小さくて同定の難しいイトトンボ、きれいに撮っておられますね。

☆grassmonblueさん
おはようございます
ムスジとセスジは名前も似てるししどろもどろで
こんがらがっております。。。
もっと的確な描写力が欲しい
細かい違いのある種類を見つけた時は
以前記事にしたモノが間違ってたかもと
心配になります
今回は間違ってなかったのでほっ
ヤナギの木の上にいたので身長2m50cmに
なってみました
いつもコメントありがとうございます

投稿: grassmonblue | 2012年6月27日 (水曜日) 22時48分

トンボの眼鏡は水色めがね♪
こんなにトンボをじっくり観たのははじめてかも?
きれいなお目目ですこと!

澄んだ目で世の中をみると
世の中みんな澄みきってみえるかな?

☆kirakirakomekkoさん
こんばんは
これはイトトンボなのでとっても小さいです
小さくて可愛いのですが素早く動いて
小さな虫を掴まえて食べます
目玉が大きいですよね
頭のほとんどが目?!
肉眼では確認できないケド写真だとじっくり
じろじろ見ることができます
小さいけれどしっかり生きてる昆虫たち
短い命を重ねて生き継いでいきます
なにやらとっても愛しくなってしまいます
いつもコメントありがとうございます

投稿: kirakirakomekko | 2012年6月27日 (水曜日) 23時32分

小さくて探すのも撮るのも苦労しますよね。
とても上手く撮れていて素敵です。
だいぶ前に私もアオイトトンボ風のやつ?(笑)を撮りましたが、
写りがイマイチで、アップできていません。
…イトトンボもさることながら、トンボ全体の同定が苦手です。良い図鑑を買わないと駄目ですね…(汗)。


☆TOOLKITさん
こんばんは
トンボは探すのも撮るのもムズカシイ。。。
素早く動き回る大きなトンボたちは撮れない!
撮れないと何トンボかわからないしこの連中は
(もう連中扱い?)あきらめてます
飛んでる写真撮ってみたいです~~
写真をポイントを押さえて撮れるとなんとか
何トンボかわかるのではないでしょうか
部分部分を撮るのがまた難解ですが。。
ファイトです
いつもコメントありがとうございます

投稿: TOOLKIT | 2012年6月28日 (木曜日) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムスジイトトンボ:

« エフノク | トップページ | エフノク »