« オスグロトモエ | トップページ | キダチチョウセンアサガオ »

2012年7月25日 (水曜日)

エフノク

Photo_3

夏の日の輝く虫を手に包む

|

« オスグロトモエ | トップページ | キダチチョウセンアサガオ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
きれいな虫ですね。
七宝焼きみたいです。
生きているんですよね。
カミキリムシの一種でしょうか?
虫に興味はなかったのですが、このごろ、トンボやチョウにも目が行きます。
そのせいで、他の虫にも目が行きます(笑)
↓の観音寺前、脇岬でしょうか?

☆poiyoさん
こんばんは
この虫はタマムシです
海岸で大きな甲虫が飛んできて力尽きたのか
道に不時着
暑いコンクリートの上をさまよっていたので
手に乗せてみました
七宝焼・・・そう言われるとそうですね
金属光沢の美しい昆虫です
法隆寺に玉虫厨子というのがあるそうです

バス停はお察しの通り脇岬です
小学生の男の子がバスを待ってました
大池に行って野母崎まで行ってみました
暑かった~~
コメントありがとうございます

投稿: poiyo | 2012年7月26日 (木曜日) 00時30分

ほんと!
宝物にしたくなりそうな虫ですshine
玉虫かしら・・・・?

この輝きは死んでしまっても光るのかしら~?
教えてね(^^

☆舞子さん
こんばんは
玉虫大きくてキラキラ輝いてました
お腹の方もピカピカでしたよ
昔の人は玉虫の翅ををたくさん使って
玉虫厨子という仏像を納める屋根付きの
ミニお堂のような物を作ってます
法隆寺にあるようですよ
ちなみに5000匹ほど使われたようです
ということは翅の光沢は失われないと
いうことでしょうか
玉虫くん災難。。。
コメントありがとうございます


投稿: 舞子 | 2012年7月26日 (木曜日) 21時46分

ホント!昔から着物でも帯でも玉虫色って幽玄ですよね。
金属っぽいこの虫、綺麗ですね!                  何故か、きれいは漢字にしたいな、わたし的にね!
お手々からどこへ下ろしたの?!


☆チョロピコさん
こんばんは
玉虫色っていろんな色に見える色
贅沢な色ですね
本物の玉虫もゴージャスな色でした
玉虫くん手から長袖の服の上に移動し
そこから動かないので葉っぱの上に下ろしました
念入りに触角や脚やらをメンテナンス
しはじめたので葉っぱに置き去りにしました
ちょっともったいなかったですね
コメントありがとうございます

投稿: チョロピコ | 2012年7月27日 (金曜日) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/46462829

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« オスグロトモエ | トップページ | キダチチョウセンアサガオ »