« ヤクシマホツツジ | トップページ | シラホシヒメゾウムシ »

2012年8月27日 (月曜日)

エフノク

2_2

ゆうまぐれ八丁蜻蛉の眠る国

|

« ヤクシマホツツジ | トップページ | シラホシヒメゾウムシ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

かわいい小さなトンボが安らかに眠りにつける環境がいつまでも残ってほしいです。
その名も大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま)に。


☆grassmonblueさん
こんばんは
神武天皇が日本は蜻蛉のようだと言ったトカ
むかしむかしは蜻蛉のことを秋津と呼んだから
大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま)は
日本のことですね
すごいなぁ~
grassmonblueさんが読み解くと途端に深い
意味があるように思えますネ
ハッチョウトンボの写真を撮ってたら膝や肘が
濡れてしまいました
ハッチョウトンボは接近してもまったく
動かなかったので眠っていたのか暗くて
飛べなかったと思います
コメントありがとうございます


投稿: grassmonblue | 2012年8月29日 (水曜日) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/46846802

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« ヤクシマホツツジ | トップページ | シラホシヒメゾウムシ »