« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日曜日)

エフノク

2


この星に枯葉降り積む音しずか

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土曜日)

エフノク

2

銀河系ふるさとふかく咲く野菊

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サフランモドキ

Photo

畑の斜面に咲いていたピンクの花

<さふらん擬>   ヒガンバナ科

花茎の長さは25cmほど

西インド諸島やメキシコ原産の外来植物です

江戸時代の終わりごろに園芸植物として渡来した

花が今では道端や空き地などで見られます


Photo_2

花は淡紅色で直径6cmほど

花期は6~9月

葉は根生し細くて平べったく線形

長さ15~30cm、幅7mm

サフランと誤って呼ばれていたそうで後でサフランモドキと

命名されました

本物のサフランはアヤメ科で江戸時代に薬用として

渡来してます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金曜日)

エフノク

2

追いかけて追い越して秋の風

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒトツメカギバ

Photo

葉っぱにぺたりと張り付いている白いガ

<一つ目鉤羽蛾>    カギバガ科

翅の開張30~45mm

白い前翅にある灰褐色の紋を一つ目としたようです

触角が見えないかと覗きこみましたが見えない。。


Photo_2

写真を逆さまにしてみました

二つの紋が眼に見えますね

髭の生えかけたオジサン?!

幼虫の食草はミズキ科のミズキやクマノミズキ

出現期間は6~10月

カギバガ科の特徴は前翅の尖りですがそう尖ってないので

シャクガやエダシャクガの仲間かと思いました

北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木曜日)

エフノク

2

地球のゆらぎ揺ら揺らこすもすや

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ノダケ

Photo

林の中や草原で元気よく咲いていたノダケ

<野竹>   セリ科

草丈80~150cm

海辺に咲くハマボウフウボタンボウフウ

ハマウドによく似ています

野山に咲くシシウドにも似ています

Photo_2

枝先に散形花序をつけ暗紫色から白色の花を

たくさん咲かせ花序の基部には総苞片があります

総苞片は蕾の時花序を包みます

花期は9~10月

Photo_3

葉は互生し3出羽状複葉

上部の葉は退化して袋状の鞘になります

果実は平べったい広楕円形

関東地方以西の本州、四国、九州に自生します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火曜日)

エフノク

2

小さい人の触れてゆく秋のみのり

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゴマフボクトク

Photo

白地に黒いドット模様のガ

<胡麻斑木蠹蛾>   ボクトウガ科

翅の開張35~70mm

ヒトリガの仲間かと探しましたが翅の形が違いました

じゃあなんなのさ。。。

ガの仲間は多種多様で何科なのか見当もつかない

こともしばしば

今回はなんとかボウトクガ科と判明しました

ボウトウガ?ボウトクガ?いやいやボクトウガ科です

出現期間は7~9月


Photo_2

触角がユニークで耳のようです

胸部に翅の黒点より大きい黒点

腹部は縞々模様

各種広葉樹の幹に穿孔します

茶の木に食入するとチャノテッポウムシと呼ばれて害虫です

北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月曜日)

エフノク

2

素風吹き心の蓋のひらく音

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カセンソウ

Photo

草原の草の中に見え隠れしていた黄色い花

茎が細くて花が大きい

<歌仙草>   キク科

草丈60~80cm

鮮やかな黄色い頭花は3~4cmほど

茎の上の方で枝分かれして先端に花をひとつつけます

花期は7~9月


Photo_2

葉は互生し長さ5~8cm、幅1~2cmで披針形

葉の裏側の葉脈がくっきりしてます

オグルマとよく似るそうですが長崎にはないようです

(ホソバオグルマはありますが花が2cmほど)

違いはオグルマは葉が幅広でやわらかく裏の葉脈が

目立たなくて湿ったところに生えます

カセンソウは北海道、本州、四国、九州に自生します


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日曜日)

エフノク

2

沖を見る灯台白く秋の中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土曜日)

エフノク

2

急ぎ足オランダ坂に秋の雨

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イヌハギ

Photo

秋めいた草原で見つけた白花のハギ

<犬萩>   マメ科

草丈1mほど

ハギに比べると観賞価値が下がるのか名前にイヌが

ついているイヌハギですが各地で自生地が減っている

貴重な植物です

Photo_2

蝶形花は長さ7~8mm

総状花序にたくさんの花をつけます

花期は7~9月

イヌハギがあるならネコハギもあります


Photo_3

葉は互生し短い柄がある3小葉

小葉は長楕円形で長さ3~6cm

全体に黄褐色の毛が生えています

日当たりのいい草原や河原などに生え

本州、四国、九州に自生します

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金曜日)

エフノク

2

秋の花撫でてさみしい手のかたち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジュンサイハムシ

Photo

ため池のヒシの葉は虫くいだらけ

目を葉に近づけるとたくさんのハムシがいました

<蓴菜葉虫>   ハムシ科

体長5~6mmほど

ジュンサイハムシはジュンサイだけではなく

ヒシやシロネなども食べるそうです


Photo_2

ヒシの葉の下は水ですが気にしてないようです

体は褐色で縁は茶褐色

出現期間は5~9月

本州、四国、九州に生息します

Photo_3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木曜日)

エフノク

2

秋風はセンチメンタル港街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イセハナビ

Photo_3

川沿いのジメジメしたところに茂っていたイセハナビ

<伊勢花火>    キツネノマゴ科

草丈30~50cm

伊勢花火なーんて日本的な名前ですが東南アジア原産、

中国経由の外来植物です

春からこの植物は何だろうと気になっていました

ようやく花が咲いて名前がわかりました

漏斗状の花は5個に分かれ長さ1~2cm

淡紫色で一日花

花期は8~9月

Photo_4

葉は対生し披針形で長さ3~6cm

茎は木質でよく枝分かれします

江戸時代から栽培されているものが逃げ出して

野生化しているようです

キツネノマゴ科のイセハナビ属にはスズムシバナがあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水曜日)

エフノク

2

絵本の森の奥ふかく咲く花の青

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火曜日)

エフノク

2_2

強く吹く風きみに届けと歌います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウリカワ

Photo

田んぼに白い花が咲いてました

<瓜皮>    オモダカ科

田んぼの端っこで写真を撮ろうと片足を乾いていそうな

ところに踏み入れると靴が半分ぐらい埋もれてしまいました

慌てて引っこ抜きました

こんな時は長靴を履いてないと困りますね


Photo_2

なのであまり接近できませんでした

白い3枚の花びらに黄色い蕊

白い花は1~2輪輪生します

花茎は5~20cmで下側に雌花、上側に雄花

雌雄異花で花期は7~9月

葉は根生し線形で長さ10~20cm、幅3~10mm

すこし厚みがあり

果実は集合果で水に浮きます

秋に走出枝が地中に伸び塊茎を作って越冬します

本州、四国、九州、沖縄に自生します

花はヘラオモダカによく似ています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフノク

2

秋思を連れ去る風が吹いている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日曜日)

エフノク

2

足早に秋は深まる雨の音

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ワレモコウ

Photo

草原で台風の風に吹かれていたワレモコウ

<吾亦紅>    バラ科

草丈30~100cm

まだ台風ははるか南の海上ですが遠くにあってもすごい威力です

風が強いと草原の草は右へ左へ動いてじっとしていてくれません


Photo_2

遠くからだと花には見えないのですが

接近して見ると暗紅紫色の小さな花の集まりで

上から順に咲いているのがわかります

下の方はまだ蕾

花びらはなくガクは4裂します

穂状花序は1~2cm

花期は7~9月


Photo_3

この花がバラの仲間とは花を見るとまさかなのですが

葉を見るとなんとなくそれっぽいのです

葉は互生し根生葉は奇数羽状複葉で楕円形

小葉は縁に鋸歯があり3~5cm

吾亦紅、吾木香、我毛香などと漢字はいろいろ

ワレモコウがどうしてワレモコウなのかはっきりしません

秋の野にお似合いの花です

北海道、本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土曜日)

エフノク

2

向かい合う無口な人と雨電車

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金曜日)

エフノク

2

涙さえ洗い流せる秋の雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイナエ

Photo

いつも行く草原というには狭い原っぱに小さな花が

咲いているではないですか

今までなぜ気づかなかったのか・・・

目に聞きたい!

<藍苗>    マチン科

草丈5~15cm

アイナエってカタカナだと覚えられませんでしたが

藍苗と漢字に変換するとすぐ覚えられますね

アイナエの幼形がアイの若芽に似ているそうです

Photo_2

うつむき加減の花を持ちあげてみると花の奥は緑色のスジがあり

コップ状の花は2~3mmで先端は4裂します

花期は8~10月


Photo_3

葉は下側に2~4対つき卵形~長楕円形で長さ0、7~1、5cm、

幅3~6mm

本州、四国、九州、沖縄に自生します


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木曜日)

エフノク

2

すれちがう秋の匂いの長崎湾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水曜日)

エフノク

2

おんなごころ港に映す秋の空

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ナガサキオトギリ

Photo

雲仙の登山道に咲いていた黄色い花

オトギリソウっていうのはわかるんですが

これはナガサキオトギリでしょうか?

<長崎弟切>   オトギリソウ科

草丈10~40cm

ナガサキオトギリをずーと探しているのですが

わからん・・・・半ばあきらめ気味なのです

いまいち違いがわかりません

Photo_2

鮮やかな黄色い花は1cmほど

花期は7~9月

オトギリソウの花はどれもよく似ていますね


Photo_4

葉は倒披針形~長楕円形で長さ2~4cm、幅6~15mm

葉には一面に明点があるとのことなので拡大してみました

さて明点ってなんだ?

この白い点々みたいなのでしょうか

縁にはふつう黒点があるそうです

オトギリソウは種類が多く頭を悩ませてくれます

四国、九州に自生します


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火曜日)

エフノク

2

洋館の角を曲がるとセプテンバー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ギンモンカギバ

Photo

翅の形に特徴があるギンモンカギバ

<銀紋鉤翅蛾>    カギバガ科

翅の開張22~44mm

上翅の先端が尖っているカギバの仲間です


Photo_2

暗いところにいたのでよくわかりませんでしたが

翅は銀色に輝くようです

前翅に一対の褐色紋と前翅と後翅をつないで褐色の一直線

出現期間は4~9月

顔を見ようと接近するとはらはらと飛んでいってしまいました

北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月曜日)

エフノク

2_2

語り合う背中と背中初秋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマキツネノボタン

Photo

登山道で黄色い小さな花が咲いていました

足元の小さな花はヤマキツネノボタン

<山狐牡丹>   キンポウゲ科

草丈20~30cm

キツネノボタンによく似てますが花がちいさーい


Photo_2

小さな花は8mmほどで光沢のある黄色の花弁

キツネノボタンの変種ということでよく似ています

(キツネノボタンの花は1cmほど・・・そう違わなかった)

花期は7~9月

葉は1回3出複葉で小葉は長楕円形で2~3裂


Photo_3

そう果は扁平

帰化植物のトゲミノキツネボタンとはちょっと違う

茎に毛が斜めに生えているそうですが見えませんね

山野の湿ったところに生え

北海道、本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エフノク

2

息切らし秋に近づく坂上る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土曜日)

エフノク

2

石畳秋雨光る坂の街

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シラホシヒメスカシバ

Photo

これはハチ?

しかしどことなく違和感。。。

<白星姫透翅蛾>    スカシバガ科

翅の開張22~28mm

ハチに擬態していると思われます

名前が面白いですね、白雪姫ならぬ白星姫


Photo_3

上げているのは前脚か中脚かわかりませんがなぜでしょう?

シソ科のヒキオコシ類を食草にします

出現期間は7~8月

撮影したのは7月28日

1000mほどの山の山頂で見つけました

本州、四国、九州に生息します

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金曜日)

エフノク

2

酔芙蓉咲きラジオから歌謡曲

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アサザ

Photo

どこからかもらってきた水草に花が咲きました

これはアサザ?

何年か前に島原城のお堀で見たアサザを思い出しました

<阿佐佐>    ミツガシワ科

アサザは水面に葉を浮かべる浮葉性植物です

アサザは朝花を咲かせて昼には花が萎んでしまいます

2008年に行った時は午後だったので花が咲いてなかったのです

ということで島原まで行ってみました

今回は12時過ぎてましたがまだ咲いてる花がありました

ギリギリセーフ。。。

お城のお堀を覆っているアサザ


Photo_2

花は咲いてましたが花が遠いではないですか。。。。

まさか長靴でお堀に入るわけにもいかないし深そうだし

とにかく花が咲いていてアサザだと確認しました

葉は卵形か広楕円形で切れ込みがあり

スイレンの葉に似てます


Photo_3

家で咲いたアサザの花

花は鮮やかな黄色の五弁花

花びらはフリルのように波打って端っこは細かなギザギザがあります

花期は6~8月

朝咲くからアサザではなく水の浅いところに生える浅浅菜から

アサザになったようです

本州、四国、九州に自生しています

お城のお堀にはトンボもいっぱい飛んでました

アオモンイトトンボショウジョウトンボタイワンウチワヤンマ

ギンヤンマ

2008年にはコフキヒメイトトンボも見つけることができましたが

今回は探せませんでした ショック。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木曜日)

エフノク

2

はじまりの朝のページの爽やかさ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ヒロバネヒナバッタ

Photo

カヤの葉の上にいる小さなバッタ

<広翅雛飛蝗>   バッタ科

体長23~30mm

胸部背面に黄色い一対のくの字

山地の草地で見つけました

Photo_2

後脚の膝関節が黒く翅も黒っぽい

ヒナバッタはもう少し小さく膝関節が黒くない

鳴き声はチーチチ

鳴くのはオスです

北海道、本州、四国、九州に生息します

お山ではススキが穂を出していました

秋がゆっくりやってきていますね

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水曜日)

エフノク

2

くノ一とタヂカラ招く城の秋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニシノヤマタイミンガサ

Photo

大きな葉っぱのニシノヤマタイミンガサ

<西の山大明傘>   キク科

草丈70~90cm

山地の林の中で見つけました


Photo_2

葉の切れ込みは中裂で上の方の葉は小さく

下の方の葉は大きく直径20~30cm程ありそうでした

葉柄は楯状にはついていません


Photo_3

花茎を伸ばして円錐花序をつけます

頭花は2~4小花

淡いピンク色を帯びた白色の花

花期は7~9月

くるんと反り返ったこんな花見たことあります

ツクシコウモリナガバノコウヤボウキに似ていますね

ニシノヤマタイミンガサは岐阜県以西の本州、四国、

九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火曜日)

エフノク

2

飛行機が空にまじわる秋はじめ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キュウシュウムネアカオオアリ

Photo

ウスバキトンボの死骸を1匹で運んでいた

力持ちのキュウシュウムネアカオオアリ

<九州胸赤大蟻>   アリ科

体長7~13mm

アリって小さくて数匹で餌になる物を運ぶと思ってましたが

このアリは大きいから巣まで運べるのかな~


Photo_2

精悍な面構え

胸部の半分と腹部の上部が赤色

ムネアカオオアリとキュウシュウムネアカオオアリは

似ているようです

胸部が全部赤いのがムネアカオオアリ


Photo_3

大顎でしっかり蜻蛉の目玉を挟んでます

朽ち木などに巣を作り集団で生活します

女王アリは20mmほど

中国地方、四国、九州に生息します

ニシムネアカオオアリとキュウシュウムネアカオオアリは

同じなのか違うのか?

アリの世界も深くて溺れてしまいそうです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月曜日)

エフノク


Photo_2

ばってんも時々混ぜて愛語る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エフノク

2

星星とあかり交信長崎港

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日曜日)

ミズオトギリ

Photo

ミズオトギリの花は3時頃にならないと咲きません

<水弟切>    オトギリソウ科

草丈30~70cm

と聞いて去年は4時頃まで待ってみましたが咲かず・・・

今年は夕方5時頃に行ってみると小さな花が咲いていました

オトギリソウの花は黄色しか見たことありませんでしたが

淡いピンクの花

花は1cmほどで6時頃までいましたがまだ咲いてました

夜には萎むようです

花期は8~9月

Photo_4

葉は対生し長楕円形で長さ3~7cm幅1~3cm

柄はなく茎を抱くこともあります

葉は白っぽい緑色で明点があります


Photo_3

秋には紅葉するそうですがもう赤くなっている葉もありました

池や沼などに生え

本州、四国、九州に自生します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土曜日)

エフノク

2

そらとみずかきまぜるうみ地球色

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ツクツクボウシ

Photo

つくつくぼーしつくつくぼーしと鳴くツクツクボウシ

<つくつく法師>    セミ科

体長頭から翅端まで40~47mm

残念ながらこのツクツクボウシは死んでましたが

木の幹に置くと何の違和感もない。。。かな~

産卵管がないのでオス

後胸部にW模様

Photo_3

写真の字がわかりにくいですが透明の翅に2個の黒点

出現期間は7月~9月

鳴き声はじーーーおーつくつくおーつくつくを繰り返し

おーしーじーー

とってもリズミカルで楽しい鳴き声で

夏の終わりによく聞こえてきます

しかし声は聞こえるけど姿はどこに?

平地から山地の森林や市街地でも見ることができ

北海道、本州、四国、九州に生息します

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »