« ベニトンボ | トップページ | ヒナヒゴタイ »

2012年11月 3日 (土曜日)

エフノク

2_2

星月夜光列車流れ去る

|

« ベニトンボ | トップページ | ヒナヒゴタイ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

闇に浮かぶ電車と駅舎の光は
まるで童話の世界の様です。

この電車の行方を見ていると、、
そのまま星空に消えて行くような~

すてきななショットですねshine

☆舞子さん
こんばんは
夜の駅舎に列車が滑り込んできました
ここを走る列車は気動車で電車では
ないんですよ
暗いので見えませんが電線がありません
電線がないのでそのまま夜空を飛ぶことも
できるかもしれませんね
コメントありがとうございます

投稿: 舞子 | 2012年11月 4日 (日曜日) 21時42分

こんな光景を見るとリュックに時刻表と携帯ラジオをつめて
遠くに行きたくなります。
知らない街を歩いてみたくなりました。


☆あんしゅうさん
こんばんは
どこか遠くへ行きたい季節ですがなかなか
どこへも行けない・・・
時刻表と携帯ラジオってところがいいですね
今は携帯電話でラジオも聴けるし列車の時刻も
調べられるけどそれじゃ旅気分になれませんね
コメントありがとうございます

投稿: あんしゅう | 2012年11月 5日 (月曜日) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/47708993

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« ベニトンボ | トップページ | ヒナヒゴタイ »