« エフノク | トップページ | エフノク »

2012年11月21日 (水曜日)

エフノク

2

やわらかな光の窓や十一月

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

長崎の教会」カテゴリの記事

コメント

ぼくの少ない経験では
ステンドグラスは写真で見るのと本物とは
かなり違うような気がします
写真で見るよりも本物ははるかにきれいで雰囲気があります

つまりカメラマンにとってステンドグラスは
非常に難しい被写体ではないかと思います

このお写真をみると
本当に俳句にあるように「やわらかな光・・・」ですね
流石エフ氏の撮影だと思います

しかし多分実物はさらに素晴らしいのじゃないかと・・・
いえカメラマンの技量を疑っているわけでは決してないのですが・・・・

(生意気なことを言ってすみません)

☆hawkさん
こんばんは
そうなんです
実際のステンドグラスはとっても美しくて
感激してしまいます
この教会は内部が撮影禁止になっているので
靴脱ぎ場のステンドグラスですが綺麗でした
人間の目はとっても精巧にできていて
見ているように写真に写し撮るのはムズカシイ
右側は光が差しているのであんまりにも明るすぎ
左側は逆に暗くなってしまいます
もっと技術向上したいものです、はい
コメントいつもありがとうございます

投稿: hawk | 2012年11月22日 (木曜日) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/47928471

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | エフノク »