« エフノク | トップページ | エフノク »

2013年1月11日 (金曜日)

エフノク



2_2

ひややかな清めの光天主堂

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

長崎の教会」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
窓からのぞき込んだら、ステンドグラスが見えます。
青く輝く礼拝堂の中。
なんだか幻想的。

☆poiyoさん
こんばんは
外から見ると群青色のガラス
教会の中は青い光に満ちています
とっても大きな教会で中部は撮影禁止
仕方ないので外から撮りました
コメントありがとうございます

投稿: poiyo | 2013年1月12日 (土曜日) 01時17分

きれいな青ですね
なんか不思議な光
・・・清めの光
ですね

こよなく晴れた青空を
悲しと思う切なさよ・・・

のメロディが頭を流れます・・・


☆hawkさん
こんばんは
何の歌かわかりませんでしたがもうちょっと
先まで行くと聞き覚えがあったかも
長崎の鐘でしたか
この歌は永井隆さんの長崎の鐘という随筆を
元に作られたとか
知りませんでした
いろいろ知らないことがいっぱいです。。。
コメントありがとうございます

投稿: hawk | 2013年1月12日 (土曜日) 08時16分

白枠の窓の外は、シンプルな光
本当に幻想的な雰囲気ですねshine

教会にいて、心清らか自分になれそうshine


☆舞子さん
こんばんは
教会の内部は入れるところが限られているけど
入ることはできます
帽子は脱いで静かに。。。
教会から出てくる時は清らかでぴかぴかな
心になってると思いますがすぐに世間の波に
揉まれて薄汚れてしまうわたしです
コメントありがとうございます


投稿: 舞子 | 2013年1月12日 (土曜日) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/48705786

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | エフノク »