« エフノク | トップページ | エフノク »

2013年1月 8日 (火曜日)

エフノク

2_3

冬空の鼓動響いてアンゼラスの鐘

|

« エフノク | トップページ | エフノク »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

長崎の教会」カテゴリの記事

コメント

まったくまぁ便利な時代と言っていいのかどうか・・・
アンゼラスの鐘
聞こうと思えばすぐにネットで聞けるのですね

聞いてみました

まぁこの鐘は音と言うより
由来の方が重要なので・・・

この左端のお方は
頭部がないのですね


☆hawkさん
こんばんは
アンゼラスの鐘賑やかだったでしょう
浦上天主堂は原爆の爆心地のすぐ側なので
この辺りは一瞬ですべてが無くなってしまったようです
浦上天主堂も破壊されて建て直されています
この石像たちも被害にあって頭がなかったり
指がなかったりです
人間は残酷な生き物ですね
コメントありがとうございます

投稿: hawk | 2013年1月 9日 (水曜日) 10時37分

時代を、そして歴史を感じる光景ですね。
彫像はいつの頃建てられたものでしょう。
いろいろな出来事をみてきた方たちでしょうね。
天主堂はリフォームされたのでしょうか。
コントラストが何かを物語っています。

☆grassmonblueさん
こんばんは
浦上天主堂は1914年(大正3年)に完成している
のでその頃でしょうか
その浦上天主堂は昭和20年8月9日の原爆で全壊
昭和34年に再建されました
長崎では73,884人が亡くなったそうです
子供のころはピンとこなかった数字を今あらためて
目の前にすると慄いてしまいます
コメントありがとうございます

投稿: grassmonblue | 2013年1月10日 (木曜日) 14時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/48659017

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | エフノク »