« エフノク | トップページ | カスミサンショウウオ »

2013年2月15日 (金曜日)

エフノク

2_2

日の当たる扉を開けて浅き春

|

« エフノク | トップページ | カスミサンショウウオ »

俳句」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

なんとまぁ昔を思い出させる風景!!

もっとも僕の家にはこうして廃材を何かの目的で積んでいることはありませんでしたが
しかしその点を除けば母親が残したぼくに家とそっくりです

この人は上に乗っているような
彫り物をするためにこの木材をとってあるのですか?

☆hawkさん
こんばんは
ここは以前は陶器の倉庫だったそうです
木造の建物が数棟あって雑貨屋さんや
ヨガ教室やコーヒー豆屋さんやカフェなどの
店舗として利用されてました
とってもいい雰囲気だったのでぶらぶらと
覗いてたら肝心のカフェに行く時間がなくなって
しまったのです
さてこの廃材?は何に使うのでしょう?
次回行ける時までお預けです
hawkさんのお家は素敵な雰囲気ですね
コメントありがとうございます

投稿: hawk | 2013年2月16日 (土曜日) 06時04分

各地を歩いていると軒下に薪を何段にも整然と積み上げている民家を見かけ
日本の原風景だなあって感じます。
でもこの写真では薪とは思えないような立派な材木ですね。
用途が何なのか・・・興味深いです。


☆Saas-Feeの風さん
こんばんは
佐賀の有田は有名な陶器の町ですがすぐ近くの
長崎の波佐見と三川内も陶器の町です
ここは以前波佐見焼の倉庫だったそうです
写真の木造の建物はカフェに変身
他にもお洒落なお店が数店舗ありました
後で寄るつもりでしたが時間がなくて中に
入ってないので薪なのかディスプレーなのか
わかりませんでした
コメントありがとうございます

投稿: Saas-Feeの風 | 2013年2月16日 (土曜日) 06時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/364901/49430461

この記事へのトラックバック一覧です: エフノク:

« エフノク | トップページ | カスミサンショウウオ »